このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

西東京市民文化祭「詩吟の部」

ページ番号 171-663-210

最終更新日 2014年12月10日

第14回市民文化祭「詩吟の部」からの事業報告!

各会場からの報告を掲載しています

写真:詩吟の部1

保谷こもれびホール・小ホール

日時
平成26年10月25日(土曜日) 午前10時30分から午後3時30分
内容
詩吟、剣詩舞
団体名
濤声会、国壮流 東京国壮会、日本詩吟学院岳風会佳風会、鶯風流 明成会、鶯風流 圭花会、鶯風流 春風会、渓月流、吼山流 保谷、聖芳愛吟
第14回西東京市民文化祭を終えて
 ここ数年、テレビの大河ドラマに題材を求めて、構成吟を演出してきました。今年度は戦国時代を生き抜いた軍師黒田官兵衛の生き方に焦点を当ててみました。官兵衛は戦国時代にあって、戦わずして国土を拡大しました。殺戮よりは平和を望んでいた軍師であると理解し、戦いより滅んだ城跡や、戦いのむなしさを詠った漢詩で構成吟を組みました。
 また、官兵衛は茶道の道を究めていたことから、茶道吟も取り入れました。吟者は高齢でしたがまじめに取り組み、力強く吟じました。完成した構成ではありませんでしたが、多くの観客より「感動した」と言葉をかけていただきました。

写真:吟詠の部3

西東京市民会館・公会堂

日時
平成26年11月3日(祝日・月曜日) 午前9時30分から午後5時
内容
漢詩、短歌、俳句、和歌他
団体名
岳心流 吟鈴吟詠会、錦水流 錦桜会、昊陽流 昊春吟詠会、昊春会あすなろ支部、昊春会昊伸支部、昊春会昊道支部、吼山流 田無支部、秀鳳流 花園吟詠会、秀鳳流 つる吟詠会、秀鳳流 むつみ吟詠会、吼山流 ふじ美吟詠会、芳鳳流 芳誠会、向台倶楽部
第14回西東京市民文化祭を終えて
 例年のように、漢詩、短歌、俳句、律詩等を合吟、独吟、剣舞、詩舞で発表しました。今年は西東京市すみれ短歌会の作品も、各流派の方に発表していただき、たいへん好評でした。
 来年はさらに工夫して充実した発表会にしたいと思っています。皆様のご来場をお待ちしております。

お問い合わせ

このページは、文化振興課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4040 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ