このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

西東京市民文化祭「器楽の部」

ページ番号 530-221-011

最終更新日 2016年12月10日

第16回西東京市民文化祭「器楽の部」を終えて

写真:こもれびホール器楽の様子

会場:保谷こもれびホール(メインホール)

日時

平成28年10月30日(日曜日)
午前11時から午後3時45分まで

参加団体名

碧山小学校吹奏楽部、ひばりが丘ウインドアンサンブル、オカリナ「風の丘」、ハーモニーリード西東京、楊智二胡楽団、西東京ジュニア・ユースオーケストラ、ウインドアンサンブル和、ひばりが丘中学校吹奏楽部、保谷高校OB吹奏楽部、チェルアルコ、フルートアンサンブルシルフィード、保谷ハーモニカ・アカデミー、田無高等学校吹奏楽部、保谷高等学校吹奏楽部

市民文化祭を終えて

 楽器をこよなく愛するサークルが、ジャンルを越え、楽しいステージを作りました。迫力満点の吹奏楽、楽しく美しい管楽アンサンブルやフルート、オカリナ、ハーモニカ、リコーダー、そして弦楽アンサンブルに二胡など多彩な音色をお楽しみいただけたと思います。
 また1年間練習を積み重ね、来年の第17回西東京市民文化祭で再び皆様にお会いできましたら幸いです。ありがとうございました。

写真:コール田無器楽の様子

会場:コール田無(多目的ホール)

日時

平成28年10月29日(土曜日)
午後0時50分から午後4時30分まで

参加団体名(出演順)

ひばりが丘ギターアンサンブル、マンドリンアンサンブルひばり、ウクレレ フェロー バンド、La Muchica Sabrosa、ラテンの風 Lires Lations、大好二胡

市民文化祭を終えて

 サロンコンサートの雰囲気のギター演奏はビゼーやピアフ、井上陽水の曲をしっとりと弾いてくれました。二胡は合奏では聴けない中国古典曲やサラサーテのロマの旋律を、マンドリンはポールモーリア曲集を素敵に聴かせてくれて大好評!
 二部からは軽快なラテンのリズムで客席が揺らぐ様でした。ウクレレはおそろいのブルーTシャツを着てハワイアンソングを披露し、最後のラテンの風の歌と踊りではスペイン語圏文化と触れ合うことができ、圧巻でした。

会場:コール田無(多目的ホール)

日時

平成28年11月6日(日曜日)
午後0時20分から4時25分まで

参加団体名

サウス・シー・アイランダース、チェリー・レーン、津軽スコップ三味線、中国二胡縁楽団、AR★TE(アルテ)、ノーザン・シックス・ビッグバンド

市民文化祭を終えて

 今年は初参加の新メンバーを迎えてジャンルの幅も一層広がり、サブテーマ「ジャンルを越えて、音を楽しもう」のとおりの歌と演奏をお届けいたしました。
 お客様からも「秋の午後、素敵な時間を過ごさせていただいた」、「様々な音楽、演出の素晴らしさに感動した」など好評価をいただきました。
 出演団体間の関係も良好で、出演者自身も「楽しく参加できた」など客席と一体となって、4時間の長丁場でしたが、スムーズに進行することができました。

写真:コール田無器楽の様子

関連リンク

お問い合わせ

このページは、文化振興課が担当しています。
田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-420-2817 ファクス:042-420-2893
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ