このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

市民の戦争体験記

ページ番号 690-842-084

最終更新日 2016年4月1日

 戦争を体験した世代の方が時の経過とともに少なくなる中で、戦争を二度と繰り返さないために、その貴重な体験を確実に次の世代に伝えなければなりません。
 市民参加で平和推進事業を行っている西東京市では「非核・平和をすすめる西東京市民の会」の世話人が中心となり、戦争体験を記録集としてまとめています。 
 2008年4月から市内に在住する方の空襲体験や戦地での体験、戦災による苦労などの体験談と現在は市外にお住まいですが、戦時中に田無町、保谷町で空襲を受けた方の体験談を募集し発行しました。

発行した「市民の戦争体験記」

市民の戦争体験記(一) 2009年3月発行

掲載内容

  • 私は「おしん」でした(海老沢ヤマ)
  • 空襲により負傷し、死亡した姉を看取るの記(遠藤綾子)
  • 戦場だった田無(加藤猛四郎)
  • 「戦後六十年 忘れない内に」より(桜井敏雄)
  • 「我が人生の記録」より(永添泰雄)
  • 戦災にあって(馬場はつえ)

市民の戦争体験記(二) 2010年3月発行

掲載内容

  • 昭和十八年より昭和二十年迄の体験物語(内田稔)
  • 豊川海軍工廠空襲においての被爆の記(遠藤綾子)
  • 学徒勤労動員の思い出(小島恵美)
  • 防空壕の想い出(高林義勝)
  • 下町大空襲(土井安代)
  • 中島飛行機工場での爆撃体験(古内竹二郎)
  • その日(山川千代)
  • 私の少年時代は戦争だった(横山年三)

市民の戦争体験記(三) 2012年3月発行

掲載内容

  • 戦災体験(鳥羽文子)
  • 私の戦争体験記(金丸幸江)
  • 『15才の海軍特別年少兵』より(西崎信夫)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4046 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ