このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

地域防災講座「目からウロコ!本当に役立つ防災対策を学ぼう!」

ページ番号 113-398-709

最終更新日 2017年10月30日

学んだこと

いちばん困るのは、トイレです

トイレには長蛇の列⇒食事の配給に長蛇の列 
こういったことから、食事や水分の量を控えて体調不良になる。

家庭でのトイレ防災対策としてコストのかからない方法を

トイレ防災用品を準備する際の優先順位 

  1. 簡易トイレ本体 
  2. 多目にポリ袋を(新聞紙もストック) 
  3. バケツ
  4. ワンタッチテント
  5. 凝固財(消費期限が10年)

「日常備蓄」を!

  1. 水 目安として1人1日3L必要
  2. 食品 賞味期限が短い 生鮮食料品と賞味期限が長く使用頻度の高い食品(米も非常食) 
    ※カレンダーに消費期限を記入
  3. 熱源 カセットコンロ
  4. 保冷 クーラーボックス
    ※ライフラインは、電気⇒水道⇒ガス と復旧していきます。 火災には要注意!

お互いに助けあいましょう

  1. 障がい者優先
  2. 高齢者に配慮
  3. 外国人(言葉と習慣の違いに注意)

参加者感想

参考になる気づき

  • 場面の違いによる対応の仕方をもっと具体的に考える必要があると思った。
  • 現実を基に対策を考えることがより大切であると思った。
  • 家族とも話し合いをしておく必要を感じた。
  • ローリングストックを知ってはいたが実行できずにいたが、具体的な内容を知ることができた。
  • 地域防災での自助の部分の大きさを再確認した。(自助:共助:公助=7:2:1)
  • 現実的な話題が多く大変興味を持って聞けた。
  • 備蓄材の種類と活用の仕方を知ることができた。
  • 分散保管とカレンダー記録方式は参考になった。

課題や要望

  • 災害時に運営側の柔軟な対応を引き出す方法を知りたい。
  • 福祉避難所の多くが名ばかりで、数よりも実用性のあるものにして欲しい。
  • 大災害で役所自体が崩壊した場合の「公助」のあり方や行政がやるべきコミュニケーションを知りたい。

防災講座の詳しい内容は、谷戸公民館ロビーに展示中!

防災対策
どんな防災対策がありますか?

11月19日10時から、谷戸公民館にて防災訓練をします 参加者にアルファー米を配布予定

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、公民館が担当しています。
柳沢公民館 〒202-0022 西東京市柳沢一丁目15番1号
電話:042-464-8211 ファクス:042-464-8212
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

谷戸公民館

  • 地域防災講座「目からウロコ!本当に役立つ防災対策を学ぼう!」

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ