このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

夏休み平和映画会 「母と暮せば」

ページ番号 667-044-170

最終更新日 2016年7月28日

 戦争の記憶が薄れようとしている現在、市では、戦争の悲惨さ、核兵器の恐ろしさ、平和の大切さを伝えるため、「夏休み平和映画会」の開催します。
 また、「西東京市戦災パネル・1トン爆弾模型」「戦争の遺品」も常設で展示しています。
 この機会に、戦争の悲惨さ、核兵器の恐ろしさ、平和の大切さについて考えてみませんか。

夏休み平和映画会 

ロゴ

 原爆で亡くなった息子が母親の前に突然現れる。戦後の長崎を舞台に、母と息子の優しくて悲しい感動の物語。戦後70年。作家の井上ひさしが晩年に構想していた「戦後命の三部作」の意思を、山田洋次監督が引継ぎ「ナガサキ」をテーマに作成された作品。
監督:山田洋次 出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華

とき

8月20日(土曜日)
午後1時30分 「忘れてはいけない記憶 西東京市にもあった戦争」の上映
午後2時 「広島平和の旅」参加者報告会
午後2時30分  映画上映
(開場 午後1時)

ところ

西東京市民会館公会堂 ※当日直接会場へ

常設展示

西東京市戦災パネル・1トン爆弾模型の展示

とき 8月31日まで休館日を除く毎日。以後不定期。
ところ 西東京市民会館1階 展示室

戦争の遺品の展示

ところ 田無庁舎2階 展示コーナー

関連リンク

西東京市では、市民参加のもと、平和推進に関する事業を行っています。

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4046 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ