このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

幕末維新期の村と百姓

ページ番号 136-097-249

最終更新日 2020年1月10日

柳沢公民館主催郷土史講座「御門訴事件150年 江戸から明治、この地域の人々は何を考え、行動したのか」公開講演会

 社会の在り方が大きくかわった幕末維新期。当時の日本人の約8割は「百姓」でした。大半の人たちの先祖である百姓の目線から、幕末維新を見直します。そして、その視点から御門訴事件を見直します。
※御門訴(ごもんそ)事件とは
 今から150年前の明治3年1月(旧暦)、上保谷新田(現新町全域等の地域)を含む武蔵野新田12カ村の人々は、飢饉対策として食糧の備蓄の負担を課した品川県に対し、その全廃を求めて、県庁前で「門訴」を行いました。「御門訴事件(ごもんそじけん)」と呼ばれています。

講師

渡辺 尚志さん
一橋大学大学院社会学研究科教授
 1957年、東京都生まれ。 東京大学大学院博士課程単位取得退学。博士(文学)。
 国文学研究資料館助手を経て、現在、一橋大学大学院社会学研究科教授。
 今日の日本の礎を築いた江戸時代の百姓たちの営みについて、全国各地の村に残る古文書をひもときながら研究を重ねている。

とき  

令和2年1月26日(日曜日)
午後2時から4時30分

ところ 

柳沢公民館 視聴覚室

対象 

市内在住・在勤・在学者

定員 

60 人(申込順) 

申込

電話かメールで柳沢公民館へ
電話:042-464-8211

送信先メールアドレス 

kouminkan@city.nishitokyo.lg.jp

件名 

郷土史講座公開講演会申込

本文 

氏名・年代・電話番号・住所を明記してください。
※後日、確認メールを送ります。確認メールが届かない場合はお手数ですが、お問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込み

柳沢公民館まで
電話:042-464-8211
ファクス:042-464-8212

関連リンク

施設一覧の柳沢公民館の紹介のページです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、公民館が担当しています。
柳沢公民館 〒202-0022 西東京市柳沢一丁目15番1号
電話:042-464-8211 ファクス:042-464-8212
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

学ぶ・考える(研修・相談会含む)

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ