このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

西東京市社会福祉法人連絡会主催! 第5回フードドライブを開催します。

ページ番号 419-315-032

最終更新日 2021年1月5日

西東京市

 西東京市では、「食品ロス」削減の推進・啓発を通じて、生ごみの減量と循環型社会の促進を図るため、家庭で使い切れない未利用食品を持ち寄り、必要としている個人や団体などに届ける「フードドライブ」を令和3年1月5日から1月15日までエコプラザ西東京2階ごみ減量推進課受付および田無庁舎2階総合案内横、防災・保谷保健福祉総合センター1階警備室前にフードドライブコーナーを設置して食料品を受け付けします。
ご家庭で使い切れない食品及び飲料をお持ち寄りください。


フードドライブチラシ 表面


フードドライブチラシ 裏面

食品ロスとは

 食べることができるのに捨てられてしまう食品のことを言います。日本国内では、年間約2,550万トンの食品廃棄物等が出され、そのうち食べることができる食品は612万トンになります。(平成29年)これは、日本人1人当たりに換算すると、お茶碗約1杯分(約139グラム)の食べ物が毎日捨てられている計算になります。食品ロスを減らすためには、食べ物をもっと無駄なく消費していくことが大切です。

フードドライブとは

 各家庭で使い切れない未使用食品を持ち寄り、それらをまとめてフードバンク団体や地域の福祉施設・団体などに寄贈する活動を指します。

フードバンクとは

 食べられるのに商品として流通できない食品を引き取り、必要なところへ届ける活動、もしくはそのような活動を行う団体を指します。

フードドライブコーナーについて

受付期間:令和3年1月5日(火曜日)から1月15日(金曜日)まで
受付時間:午前8時30分から午後5時まで ※ただし、土曜日・日曜日、祝日を除きます。
運営方法:いただいた食品についての日常的な管理はごみ減量推進課が行います。また、寄せられた食品の回収及び生活困窮世帯等への提供は、西東京市社会福祉法人連絡会事務局が行います。

お問い合わせ先

社会福祉法人西東京市社会福祉協議会
西東京市社会福祉法人連絡会 事務局
フードドライブ担当 電話:042-497-5180

お持ちいただきたい食品・飲料の条件

ご寄付いただきたい食品

条件

  • 賞味期限が2か月以上のもの
  • 未開封の物

※アルコール類、生鮮食品(生肉魚介類・生野菜)や常温で保管できないもの、ベビーフードや介護食品はお預かりできません。

食料品例

  • 缶詰類(サバ缶,ツナ缶,焼き鳥缶,大豆缶,果物缶など)
  • レトルト食品(カレー,牛丼,ミートソース,釜飯の素など)
  • 瓶詰類(さけフレーク,なめ茸,佃煮など)
  • 乾物類(わかめ,かつおぶし,海苔,ふりかけ,即席みそ汁など)
  • お米(前年度生産までの分)・乾麺 ・調味料

フードドライブにお持ちいただいた食品は、西東京市社会福祉法人連絡会を通じて市内のこども食堂や中学校放課後カフェ、食の支援が必要な方にお配りします。

注意事項

 お持ちいただいた食品及び飲料は、受付の際に回収条件に該当するか確認を行います。回収条件に該当しない食品及び飲料や保存状態の悪い食品については、回収することができません。お持ち帰りいただく場合があります。

SDGsとの関連 詳細はこちら

sdgs

関連リンク

お問い合わせ

このページは、ごみ減量推進課・環境保全課が担当しています。
エコプラザ西東京 〒220-0011 西東京市泉町三丁目12番35号
電話:042-438-4042 ファクス:042-438-1762

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

学ぶ・考える(研修・相談会含む)

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ