このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

田無公民館 地域から孤立をなくすヒント2

ページ番号 253-441-532

最終更新日 2019年6月11日

子どもが自由にプログラミングを学びあう「コーダー道場」の実践から、ボランティアの関わり方や場づくりを学びます。

日程・テーマ・講師・ゲスト講師

7月7日、7月14日、7月21日 毎週日曜日 午後2時から4時30分

日時 内容 講師・ゲスト講師
1 7月7日 子どもと大人が一緒につくる、学びあいの場
〜「コーダー道場こだいら」の実践から〜
とがぞの(コーダー道場こだいら道場主)
2 7月14日 いろいろな子どもや大人にとって、
居心地がよい場とは?
とがぞの
恩田夏絵(一般社団法人ひきこもりUX会議代表理事者)
3 7月21日 ボランティアのさまざまなかたちや
可能性を拓く〜地域の実践をヒントに〜
とがぞの
古沢尉行・熊原紀夫(西東京IT研究会)
ふなき祥子(三鷹市シルバー人材センタープログラミング教室)
田島尊弘(ひきこもりプラットフォーム運営)

【講師プロフィール】

【全回講師】とがぞの さん(コーダー道場こだいら 道場主)
大学卒業後の数年間エンジニアとして従事。世の中の「当たり前」に疑問を抱き、職を転々とするうちに約2年間ひきこもる。その後できること探しを始め、現在に至る。好きな言葉は「試行錯誤」と「スクラップ・アンド・ビルド」。

共著書『CoderDojo Japan公式ガイドブック Scratch(スクラッチ)でつくる!
たのしむ! プログラミング道場 改訂第2版』(ソーテック社・2019年)

【第2回講師】恩田夏絵 さん
(ピースボート・グローバルスクールコーディネーター、一般社団法人ひきこもりUX会議 代表理事)
小学2年生から不登校・ひきこもり・リストカットを経験。定時制高校を卒業するも、“生きること”への希望を見いだせず、2005年に人生最期の旅のつもりでピースボート地球一周の船旅に参加。様々なヒトと出会うことで“生きること”の多様性を実感し、死ぬのをやめて現在の仕事に就職。2010年、ヒトの多様性を学ぶ洋上フリースクール『ピースボート・グローバルスクール』を開校。2014年からひきこもり経験者グループ  
「ひきこもりUX会議」を主宰。

ひきこもりUX会議発行
『シリーズ 私たちの生存戦略 ひきこもり女子会』(2017年)
『ひきこもり女性たちのUX 〜実態調査から見えてきたこと〜』(2018年)

【第3回ゲスト講師】古沢尉行 さん・熊原紀夫 さん(西東京IT研究会 ITアドバイザー) 
2015年、IT利用による地域の課題解決を目指しIT勉強会を立ち上げました。その活動を継承し、2018年「西東京IT研究会」を立ち上げ、ITリテラシー向上のためのセミナーや講習会を実施しています。2019年4月には、2020年こどもプログラミング教育の必修化に向けた「メンター養成講座」を開催し、シニア、保護者、地域活動に自分の役割を見つけたい人たちをメンターに養成し、プログラミングで遊ぶ子どもたちをつなぐ、新しい多世代交流の場作りに取り組んでいます。


【第3回ゲスト講師】 ふなき祥子 さん
(三鷹市シルバー人材センター プログラミング教室 講師)
エンジニアとして会社に勤務、退職後、三鷹市シルバー人材センターにて、小学生に算数、およびプログラミングを教えている。また若者支援のNPOにてホームページ作成プロジェクトにボランティアとして参加。

【第3回ゲスト講師】田島尊弘 さん
( 「ひきプラ」(ひきこもりプラットフォーム運営)
ひきこもりの当事者・経験者が『安心できる居場所』へつながれることを目指して、「ひきプラ」(ひきこもりプラットフォーム)というサイトを2019年2月にリリースしました。全国各地の当事者会や自助グループ、ボランティアの紹介などを行っています。

【チラシはこちらからご覧いただけます】

ところ

田無公民館  視聴覚室

定員 

25人(申込み順)

申込み

電話・メールで田無公民館へ
※1回だけの参加もできます。
 

お問い合わせ・申込みは田無公民館まで

電話:042-461-1170
Eメール:tana-kou@city.nishitokyo.lg.jp

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、公民館が担当しています。
柳沢公民館 〒202-0022 西東京市柳沢一丁目15番1号
電話:042-464-8211 ファクス:042-464-8212
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

学ぶ・考える(研修・相談会含む)

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ