このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

保谷駅前公民館 多文化共生講座 外国人とともに生きるまちづくり

ページ番号 868-366-390

最終更新日 2019年10月1日

わたしたちのまちでも外国にルーツのある方に出会うようになってきました。「多文化共生」の考え方を学びながら、暮らしやすいまちづくりについて話し合いませんか。

とき

11月2日・9日・16日・30日 全4回
各回土曜日 午前10時〜12時

ところ

保谷駅前公民館 5階 集会室

対象

市内在住・在勤・在学者優先
外国の方も歓迎いたします!

定員

20人(申込順)

申込

10月2日(水曜日)午前10時から電話かメールで保谷駅前公民館へ

保谷駅前公民館 連絡先

電話番号:042-421-1125
Eメール:ekimae-kou@city.nishitokyo.lg.jp

・メールでの申込方法 
件名「多文化共生講座申込」
本文「氏名(ふりがな)・町名・電話番号」を明記。
※後日、確認メールを送ります。確認メールが届かない場合はお手数ですが、お問い合わせください。

多文化共生講座日程表
日 程 内   容 講   師
1 11月2日 「新しくスタートした外国人受け入れ制度について学ぶ」
外国人労働者の受け入れ拡大を目的とした新在留資格「特定技能」を盛り込んだ改正出入国管理法が今年4月から施行されました。新しい法律はどのような内容なのでしょうか。また、そこにはどのような問題があるのでしょうか。外国人を取り巻く課題について理解し、解決に向けてどのようなことが必要なのか学びます。
小山紳一郎(SIDラボ、明治大学兼任講師)
2 11月9日 「外国につながる子どもたちの学びとは」
外国ルーツの子どもの高校進学率は日本人児童よりも低く、また高校中退率はかなり高い数値となっています。子どもたちの学習する権利は守られているのでしょうか。日本に暮らす外国につながる子どもたちの学習環境について知り、将来を担う子供たちが安心して未来に向かって歩んでいくために地域ができることについて学びます。
山田泉(にんじんランゲージスクール校長)
3 11月16日 「日本に暮らす外国人の権利について知る」
日本国憲法で保障される人権は日本に暮らす外国人には適用されるのでしょうか。これから増えていくと思われる外国人とともに安心して暮らすことのできる地域をどのように作ることができるのか考えます。
大木和弘(大木和弘法律事務所)
4 11月30日 「西東京市の多文化共生の取り組み」
西東京市の外国人住民は約5,100人(総人口の2.5パーセント)。西東京市に暮らす外国人について知り、地域でどのようにサポートしているのか学びます。そして自分だったら同じ地域に住む市民としてなにができるのか考えます。
山辺真理子(NPO法人西東京市多文化共生センター代表)

講師紹介

第1回(11月2日):小山紳一郎さん

SIDラボ(Social Inclusion Design lab.)代表。明治大学兼任講師、亜細亜大学・文教大学非常勤講師。(一財)自治体国際化協会地域国際化推進アドバイザーなど。

第2回(11月9日):山田泉さん

にんじんランゲージスクール校長。元法政大学キャリアデザイン学部教授。専門は、日本語教育と多文化教育。移住外国人(移民)受け入れのための「多文化共生社会」のあり方に関する調査研究。

第3回(11月16日:大木和弘さん)

弁護士。大木和弘法律事務所。元第一東京弁護士会人権擁護委員会副委員長。元第一東京弁護士会人権擁護委員会第七特別(国際人権)部会部会長。元関東弁護士会連合会外国人の人権救済委員会委員長。

第4回(11月30日:山辺真理子さん)

NPO法人西東京市多文化共生センター(NIMIC)代表理事。武蔵野大学非常勤講師。専門は、日本語教育、多文化教育。ボランティア活動歴25年、多様な人々との出会いを楽しんでいます。

お問い合わせ・お申し込みは保谷駅前公民館まで
電話:042-421-1125
ファクス:042-421-7780
E-Mail ekimae-kou@city.nishitokyo.lg.jp

保谷駅前公民館施設案内のページです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、公民館が担当しています。
柳沢公民館 〒202-0022 西東京市柳沢一丁目15番1号
電話:042-464-8211 ファクス:042-464-8212
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

学ぶ・考える(研修・相談会含む)

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ