このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

個人番号(マイナンバー)制度関係(通知カード・マイナンバーカード等)

ページ番号 561-604-511

最終更新日 2017年1月30日

「個人番号(マイナンバー)制度」についてのよくある質問にお答えします。

質問

通知カードは、いつ頃、どのように届くのですか。

お答えします

西東京市では、制度が開始された平成27年10月5日時点で西東京市で住民登録をしている皆様へ、住民票上の世帯ごとに世帯主宛ての簡易書留で平成27年11月の初めから順次送付しております。
10月5日以降新たに西東京市で住民登録をされた方については、住民登録後順次通知カードを送付しております。
送付時にご不在等の場合は一旦郵便局で保管されますが、保管期限を経過した後は西東京市役所田無庁舎に返戻され、保管されます。

市役所に返戻された通知カードについての詳細はこちらをご覧ください。

質問

通知カードは身分証明書として使うことができますか。

お答えします

通知カードは皆様のマイナンバー(個人番号)をお知らせするカードであり、身分証明書としてはお使いいただけません。ただし、自動車運転免許証等の他の身分証明書と同時に提示することで、ご自分のマイナンバー(個人番号)を証明するものとして利用することができます。

質問

通知カードを受け取った後に、住所や名前が変わった場合、何か手続きが必要になりますか。

お答えします

ご住所やお名前が変わった場合、通知カードの記載内容を変更する必要がありますので、14日以内にお住まいの市区町村へ通知カードをご持参の上届け出てください。

質問

通知カードを紛失してしまった場合、どうすればよいですか。

お答えします

まずは警察に遺失届を出していただいた上、市役所にて再発行の手続きを行ってください。その際、警察署から発行された遺失届受理番号の記載された控えをお持ちください。再発行手数料は500円です。なお、マイナンバーカードの発行を希望される場合は、通知カードを再発行していただく必要はありません。

質問

マイナンバーカード(個人番号カード)とはどのようなものですか。

お答えします

マイナンバーカードは、ICチップのついたカードであり、表面に氏名、住所、生年月日、性別(基本4情報)と顔写真、裏面にマイナンバー(個人番号)が記載されています。顔写真付きの公的な身分証明としてご利用いただける上、電子証明書も標準搭載されます。
また、今後は税や社会保障等のさまざまな手続きで、個人番号の提示が求められることになりますが、個人番号を証明する身分証明書としてご利用いただけます。

質問

マイナンバーカードは身分証明書以外でどんなことに使えますか。

お答えします

電子証明が標準搭載されますので、e-Tax等、電子証明を利用した行政手続きに係るオンライン申請手続きにご利用いただけます。
また、西東京市では、マイナンバーカードを利用してコンビニエンスストアで各種証明書の交付が受けられるサービス(証明書コンビニ交付サービス)を、平成28年12月から開始しました。
その他にも、付加サービスを搭載した多目的カードとしての利用が期待されており、今後は保険証、学生証、職員証等としての利用や、ネットバンキングやネットショッピング等、民間のオンライン取引での利用も検討されています。

質問

赤ちゃんや子供でもマイナンバーカードを作ることはできますか。

お答えします

小さなお子様でもマイナンバーカードをお作りいただけます。なお、20歳未満の方については、有効期限が5回目の誕生日までのカードを交付します。

質問

マイナンバーカードの申請はどのようにするのですか。

お答えします

通知カードには、「個人番号カード交付申請書」が同封されます。主に以下の2通りの方法で申請することができます。
(1)交付申請書をご記入の上、本人の顔写真を貼り、同封された返信用封筒に入れて郵送で申請。
(2)スマートフォン等で顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請。

質問

マイナンバーカードは必ず申請しなければいけませんか。

お答えします

マイナンバーカードの申請は任意です。既に顔写真付きの公的な本人確認書類(運転免許証やパスポート等)をお持ちの方等で、マイナンバーカードは特に必要ではないとお考えの方は、申請しなくてもかまいません。
顔写真付きの公的な本人確認書類をお持ちの方は、税や社会保障等の手続きで個人番号の提示を求められた際、個人番号を証明する書類(通知カードや個人番号記載の住民票)と合わせてそれらの本人確認書類を提示することでお手続きが可能です。

質問

マイナンバーカードはどのようにして受け取るのですか。

お答えします

マイナンバーカードの交付を申請していただくと、市役所から交付のご案内のはがき(交付通知書)をお送りします。はがきが届きましたら、案内に指定された交付場所(田無庁舎または保谷庁舎)にご来庁いただき、交付を受けてください。

質問

マイナンバーカードは、指定された庁舎以外での受け取りはできますか。

お答えします

事前にご相談いただけば、希望の庁舎にてマイナンバーカードを受け取っていただけます。なお、カードは交付通知書に指定された交付場所に保管しているため、交付場所の変更にはカードの移動等が必要となりますので、必ず事前にご相談をお願いいたします。

質問

申請してからどれぐらいで受け取れますか。

お答えします

交付開始当初については、申請が集中していることから、申請から2ヶ月程度お待ちいただいております。当初申請分の交付が進んだ後は、申請後20日ほどで受け取れるようになる予定です。

質問

マイナンバーカードを申請した後に市外に引っ越した場合でもカードを受け取ることはできますか。

お答えします

マイナンバーカード申請後に市外に住所を異動されますと、その申請は無効となりますので、ご注意ください。カードを受け取るためには、転出先の役所において再度交付申請のお手続きが必要となります。

質問

世帯全員のマイナンバーカードを代表で取りに行くことは可能ですか。

お答えします

原則として申請者ご本人へのお渡しとなります。病気・身体の障害等やむを得ない理由により窓口への来庁が困難と考えられる場合以外は、任意代理人の交付は認められません。

質問

寝たきりの高齢者や障害者の方で市役所までいけない方はどのような方法でマイナンバーカードを取得すればいいのですか。

お答えします

ご本人の来庁が困難であると認められる場合に限り、代理人の方に窓口にてマイナンバーカードを受け取っていただくことができます。
ご本人の来庁が困難かどうかの判断のため、交付申請者本人の来庁が困難であることの疎明資料をご提示いただきます。
また、交付を行う際には交付申請者の本人確認の他に、代理権を証する書類(委任状等)、代理人の本人確認が必要となります。

質問

現在、住基カードを持っているのですが、住基カードは引き続き使えますか。また、二つのカードの両方を持つことはできますか。

お答えします

住基カードは有効期間まではご利用いただけますが、マイナンバーカードと併せてお持ちいただくことはできません。マイナンバーカードの交付受けられる場合は、交付の際に回収させて頂きます。また、住基カードの交付や更新は平成27年12月28日をもって終了となりますので、有効期間が過ぎた住基カードは回収させていただきます。

質問

住基カードとマイナンバーカードはどう違うのですか。

お答えします

住基カードも顔写真付きの公的な身分証明書としてご利用いただけますが、マイナンバーカードはそれに加えてご自身の個人番号を証明するカードとしてご利用いただけます。
また、マイナンバーカードは初回の発行手数料が無料の上、電子証明書も無料で標準搭載されています。

質問

マイナンバーカードを紛失してしまった場合、どうすれば良いですか。

お答えします

電話にてマイナンバーカードコールセンターに一時停止の手続をしていただき、警察に遺失届をご提出ください。再交付を希望される場合は、市役所にて再交付のお手続きが可能です。再交付手数料は800円です。またマイナンバーカードの再交付に伴う電子証明書の再交付手数料は200円になります。また、再交付の手続きの際、遺失届受理番号の記載された控えをお持ちいただく必要があります。

コールセンター(原則24時間365日対応)
電話0570-20-0178(日本語窓口)

質問

マイナンバーカードを受け取った後に、住所や名前が変わった場合、何か手続きが必要になりますか。

お答えします

ご住所やお名前が変わった場合、マイナンバーカードの記載内容を変更する必要がありますので、お住まいの市区町村へマイナンバーカードをご持参の上届け出てください。

質問

長期間の出張等で住民票の住所を不在にしてしまう場合、通知カードを受け取るにはどうすればよいですか。

お答えします

通知カードは転送されない簡易書留で送付されますので、配達時にご住所にどなたもいらっしゃらない場合は、郵便受けに不在票を残し、通知カードは一旦郵便局で保管されます。
郵便局では1週間程度保管されますので、その期間に不在票を確認できた場合は、再配達や郵便局でのお受け取りが可能です。
郵便局での留め置き期間が過ぎると、通知カードは市役所へ返送され、田無庁舎において3カ月程度保管いたしますので、ご本人確認ができるものをお持ちの上お受け取りください。

手続きの詳細についてはこちらをご覧ください。

質問

DV被害を受けているため、住民票を動かさずに別の市町村で生活しています。マイナンバーカードを取得するにはどうしたらよいですか。

お答えします

東日本大震災により被災し、住民票の住所地以外の場所へ避難している方や、DV、ストーカー行為、児童虐待等の被害者の方で、住民票を残して別の場所へお住まいの方等、やむを得ない理由で住民票の住所地とは別の場所にお住まいの方は、現に住んでいる場所(居所地)の市区町村窓口でマイナンバーカードの申請をするための手続きをすることができます。申請後は、居所宛ての本人限定受取郵便でマイナンバーカードを受け取ることが可能です。

手続きの詳細についてはこちらをご覧ください。

マイナンバーカードコールセンター

 平成27年10月1日より、通知カード・マイナンバーカードに関するコールセンターが設置されました。通知カードの発送等に関するお問い合わせや、マイナンバーカードの交付申請等については、まずはこちらの電話番号へお問合せください。
電話:0120-95-0178(通話料無料)
問合せ業務対応時間(※年末年始を除く)
 平日 午前9時30分から午後10時まで
 土曜日・日曜日・祝日 午前9時30分から午後5時30分まで

西東京市における通知カード・マイナンバーカードに関するお問い合わせ

 西東京市市民課に、通知カード・マイナンバーカードのお問合せ専用ダイヤルを設置しました。西東京市におけるマイナンバーカードのお受け取り等に関するお問い合わせは、こちらの番号までご連絡ください。

市民部市民課 マイナンバー専用ダイヤル
 電話:042-460-9845

関連リンク

お問い合わせ

このページは、市民課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9820 ファクス:042-463-9585
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ