このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

施設サービス

ページ番号 466-313-011

最終更新日 2018年9月6日

 施設サービスは、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などに入所している人を対象に、介護などのサービスを提供します。その内容が、日常生活に対する介護が中心か、治療が中心か、またどの程度の医療上のケアが必要かなどによって、入所する施設を選択することになります。
※施設サービスは、要支援1・2の人は利用できません。

施設サービスの種類と費用

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 日常生活に介護が必要で、自宅では介護が困難な高齢者が入所します。食事、入浴、排せつなどの日常生活に対する支援や介護が受けられます。
施設一覧はこちらから

介護老人保健施設(老人保健施設)
 状態が安定し、リハビリテーションに重点を置いたケアが必要な高齢者が入所します。医学的な管理のもとで、日常生活の介護や機能訓練が受けながら、居宅での生活への復帰をめざします。
施設一覧はこちらから

介護療養型医療施設(療養病床等)
 急性期の治療が終わり、長期の療養(医学的入院)を必要とする高齢者のための医療機関の病床です。医療、看護、機能訓練、医学的管理下における介護などが受けられます。
施設一覧はこちらから


施設サービス費用のめやす
介護保険施設に入所した場合は、
(1)サービス費用の1割、2割または3割
(2)居住費
(3)食費
(4)日常生活費の全額

が利用者の負担となります。

施設サービスの利用額(例)

介護老人福祉施設(多床室) 月額約84,447円から約93,162円(食事代・部屋代含む)
介護老人保健施設(多床室) 月額約78,709円から約86,623円(食事代・部屋代含む)
介護療養型医療施設(多床室) 月額約76,370円から約92,582円(食事代・部屋代含む)

※要支援の方は利用できません。
※費用は、要介護状態区分や施設の種類・職員配置等により異なります。
※食費・居住費につきましては、厚生労働省の基準により計算しています。
※このほかに日常生活費などの負担があります。
※一か月を30日として計算しています。

特定入所者介護サービス費

 上記3施設(ショートステイを含む)の食費と居住費(滞在費)について、所得が低い方の負担が重くなりすぎないように、世帯の所得に応じて限度額を設け、限度額を超えた分については、介護保険から特定入所者介護サービス費として給付される措置があります。給付を受けるには申請が必要です。

居住費・食費の自己負担限度額(日額)

区分

居住費 食費

ユニット型
個室

ユニット型
準個室

従来型
個室

多床室


1

生活保護受給者の方等

かつ、預貯金等が単身で1,000万円(夫婦で2,000万円)以下

820円 490円

490円
(320円)

0円 300円


2

世帯全員(世帯分離している配偶者を含む。)が住民税非課税で、前年の合計所得金額と年金収入額(※)の合計が80万円以下の方等 820円 490円

490円
(420円)

370円 390円


3

世帯全員(世帯分離している配偶者を含む。)が住民税非課税で、上記に該当しない方 1,310円 1,310円

1,310円
(820円)

370円 650円

※年金収入額とは、課税対象となる公的年金等と課税対象とならない遺族年金や障害年金等(非課税年金)の総支給額の合計です。
※従来型個室の(   )内の金額は、介護老人福祉施設に入所した場合または短期入所生活介護を利用した場合の額です。

 世帯全員(世帯分離している配偶者を含む。)が住民税非課税で、上記の給付を受けるには、下記の申請書と添付書類を提出する必要があります。記載方法と説明文をお読みいただき、必要書類等をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、高齢者支援課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-464-1311 ファクス:042-438-2827
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ