このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

生活習慣病予防シリーズ「糖尿病」

ページ番号 804-243-734

最終更新日 2018年1月23日

 若いころからの小さな心がけで、大きな病気を予防しましょう

 生活習慣病とは、食事、運動、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症・進行に深くかかわっており、日頃の生活習慣を改善することで、予防や発症・進行を遅らせることが可能な病気です。
 糖尿病は、長年の生活習慣により、膵臓が疲労し、機能が低下した結果、血糖値が高くなる病気です。血糖値が高い状態(高血糖)は血管を傷つけるため、その状態を長く放置することで様々な合併症(網膜症、腎症、心筋梗塞、脳卒中等)を発症します。
 ただし、初期の頃は症状があらわれないため、気づいた時にはすでに進行していることが多い病気でもあります。定期的な健診を受け、血糖値を把握し、早めに対処することが大切です。
 

糖尿病基礎講座

 糖尿病の食事は健康食とも言われ、その他の生活習慣病予防にもつながりますので、糖尿病だけでなく、生活習慣病を予防したい方にもおすすめの講座です。

日時

平成30年3月12日(月曜日)午後1時30分から3時

会場

田無総合福祉センター

対象

主に下記のいずれかに該当される市民及び家族

  • 糖尿病を予防したい方
  • ご家族に糖尿病の方がいる、太り気味等、糖尿病がご心配な方
  • 血糖値やHbA1cが高いと初めて言われた方

内容

検査値の見方や発症から進行等、病気の基礎知識と糖尿病の食事の「適正なエネルギー量」および「栄養バランス」、「食事のとり方」等の基礎知識

定員

10人程度(申込順)

講師

保健師、管理栄養士

持ち物

健診結果(参考程度。なくても可)

申込方法

前日までに電話でご予約ください。
電話:042-438-4037

お問い合わせ

このページは、健康課が担当しています。
保谷保健福祉総合センター 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4037 ファクス:042-422-7309

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ