このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

糖尿病基礎講座

ページ番号 804-243-734

最終更新日 2018年3月20日

糖尿病とは、インスリンの作用不足により血糖値が高い状態が続き、全身の様々な臓器に影響が起こる病気です。20歳以上の4人に1人が糖尿病または予備群と言われています。自覚症状がない早期のうちに、生活改善や治療することが大切です。

  1. 原因:過食・肥満・運動不足・遺伝的素因・加齢など
  2. 症状:のどの渇き・頻尿・だるさ・空腹感・体重減少など
  3. 合併症:神経障害・網膜症・腎症など
  4. 予防法:適正体重の維持・栄養バランスのとれた食事・適度な運動・定期的な健診受診など

糖尿病基礎講座

糖尿病にならないため、また合併症を予防するためにも食事は大切です。糖尿病の食事は健康食と言われています。
本講座では、栄養バランスのとり方やご自身に見合ったエネルギーはどのくらいなのか具体的なお話をします。ご本人や家族の食事作りをされている方など、どなたでもご参加できます。

日程・会場

 
日にち 曜日 会場
4月20日 金曜日 田無総合福祉センター 
5月15日 火曜日 保谷保健福祉総合センター
6月19日 火曜日 田無総合福祉センター 
7月18日 水曜日 保谷保健福祉総合センター
9月13日 木曜日 田無総合福祉センター 
10月19日 金曜日 保谷保健福祉総合センター
11月15日 木曜日 田無総合福祉センター 
12月12日 水曜日 保谷保健福祉総合センター
1月16日 水曜日 田無総合福祉センター 
3月12日 火曜日 保谷保健福祉総合センター

田無総合福祉センター 西東京市田無町五丁目5番12号
保谷保健福祉総合センター 西東京市中町一丁目5番1号

対象

主に下記のいずれかに該当される市民及び家族

  • 糖尿病を予防したい方
  • ご家族に糖尿病の方がいる、太り気味等、糖尿病がご心配な方
  • 血糖値やHbA1cが高いと初めて言われた方

内容

検査値の見方や病気の基礎知識
適正なエネルギー量や栄養バランスなど食事のとり方について

定員

10人程度(申込順)

講師

保健師、管理栄養士

持ち物

健診結果(参考程度。なくても可)

申込方法

前日までに電話でご予約ください。

お問い合わせ

このページは、健康課が担当しています。
保谷保健福祉総合センター 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4037 ファクス:042-422-7309

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ