このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

子どもを受動喫煙から守りましょう(東京都条例)

ページ番号 574-995-451

最終更新日 2018年1月25日

東京都は、子どもを受動喫煙による健康影響から守るため、「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」を制定しました。
子どもは自分の意思で受動喫煙を避けることが困難です。
いかなる場所においても、子どもに受動喫煙をさせることのないよう努めましょう。
この条例は、平成30年4月1日から施行されます。

「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」の要旨

 家庭等で、子どもと同室の空間
 子どもが同乗している自動車
 公園、児童遊園、広場など
 学校、児童福祉施設などの周辺の路上
 小児科などの医療機関の周辺の路上

これらの場所で、子どもの受動喫煙防止に努めなければならない。
とされています。

関連リンク

新規ウインドウで開きます。東京健康ステーション(外部リンク)
【東京都福祉保健局サイト】条文の全文、飲食店向け啓発チラシなどが掲載されています。

あなたのたばこのマナー今一度ご確認を
【内部リンク】ぜひ今一度、たばこのマナーについてご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

このページは、健康課が担当しています。
保谷保健福祉総合センター 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4021 ファクス:042-422-7309
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ