このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種の勧奨を差し控えます

ページ番号 712-525-457

最終更新日 2013年6月15日

国の決定に基づき、子宮頸がんワクチンの積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりました。

概要

 平成25年6月14日に開催された厚生労働省の厚生科学審議会第2回予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会及び第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において、予防接種の副反応について専門家による分析・評価が行われました。
会議の結果、予防接種法に基づく、HPVワクチンの接種については、定期予防接種の中止ではなく、継続するものの、積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりました。
以上のことから、当市におきましても国の決定に基づき、HPVワクチンの接種については、積極的な接種の勧奨を差し控えるものといたしました。

平成25年6月14日付け、各都道府県知事にあての厚生労働省健康局長の通知です。
接種の積極的な勧奨をとらないよう市町村長に勧告するものです。

厚生労働省のリーフレットです。
現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性リスク理解した上で受けてください。

子宮頸がん予防ワクチンについてご紹介しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、健康課が担当しています。
保谷保健福祉総合センター 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4021 ファクス:042-422-7309
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ