このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

難病医療費等助成

ページ番号 256-382-337

最終更新日 2017年7月7日

概要

対象者

国又は都の指定する難病にり患しており、次の(1)又は(2)のいずれかに該当する方
(1)その病状が、厚生労働大臣又は知事が定める程度の方
(2)(1)に該当しないが、同一の月に受けた難病(国疾病又は都疾病)に係る医療費総額について、
   33,330円を超えた月数が、申請を行った日の属する月以前の12か月以内にすでに3か月以上あった方

新規ウインドウで開きます。【対象疾病について】(外部リンク)

助成内容

医療費の自己負担(外来・入院)が、原則2割になります。
利用者本人の収入や世帯の所得に応じて、月額自己負担上限額(下表参照)が設定されます。

【月額自己負担上限額】
階層区分 階層区分の基準 一般 高額かつ長期※ 人工呼吸器等装着者
生活保護 生活保護世帯 0円 0円 0円
低所得1 区市町村民税非課税世帯で本人収入80万円以下の方(公的年金収入等を含む) 2,500円 2,500円 1,000円
低所得2 区市町村民税非課税世帯で本人収入80万円超える方(公的年金収入等を含む) 5,000円 5,000円 1,000円
一般所得1 区市町村民税(所得割額)7.1万円未満の方 10,000円 5,000円 1,000円
一般所得2 区市町村民税(所得割額)7.1万円以上25.1万円未満の方 20,000円 10,000円 1,000円
上位所得 区市町村民税(所得割額)25.1万円以上の方 30,000円 20,000円 1,000円

※高額かつ長期とは、難病の医療費助成を受け始めてから月ごとの医療費総額が5万円を越える月が年6回以上ある方をいいます。

申請に必要なもの

全員が提出する書類
・特定医療費支給認定申請書
・診断書(臨床調査個人票)
・住民票(原本。世帯全員分、続柄の記載があり、発行から3か月以内のもの。)
・健康保険証の写し(加入している保険によって、必要対象者が異なります。)
・高齢受給者証の写し(お持ちの方)
・世帯の所得を確認するための書類(加入している保険によって、必要対象者が異なります。)
・保険者からの情報提供にかかる同意書
・個人番号(マイナンバー)に係る調書

該当する方のみ提出する書類
・公的年金等の収入等に係る申出書(区市町村民税非課税世帯の方)
・人工呼吸器等装着者に係る書類
・小児慢性疾患医療受給者証の写し
・国疾病の医療受給者証の写し
・マル都医療券の写し

※持ち物に関する詳しい記載は、こちらをご覧ください。

個人番号(マイナンバー)の記載について
平成28年8月以降、難病医療費助成制度の申請に個人番号(マイナンバー)の記載が必要になりました。
番号法の規定により、本人確認が必要となりますので、番号確認と身元確認のできる書類をお持ちください。
詳しくはこちらをご覧ください。
個人番号(マイナンバー)確認と本人確認について

難病医療費等助成診断書(臨床調査個人票)はこちらでダウンロードできます
新規ウインドウで開きます。難病 診断書(臨床調査個人票)(外部リンク)

受給されている方へ

1.次のいずれかがあった場合、届出してください。
・氏名や住所の変更があったとき
・加入する健康保険の変更があったとき
・受給者証や医療券が破損や紛失したとき

2.更新手続きについて
有効期間に合わせて、東京都から更新手続きに必要な書類が郵送されます。
案内が同封されていますので内容をご確認の上、お手続きしてください。

窓口・手続

障害福祉課
電話:042-438-4035

関連リンク

東京都福祉保健局保健政策部疾病対策課難病認定係
電話:03-5320-4004

新規ウインドウで開きます。難病医療費助成制度について(外部リンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、障害福祉課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4035 ファクス:042-423-4321

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ