このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

自家用車にかかわる助成や制度

ページ番号 616-570-882

最終更新日 2014年6月25日

有料道路の割引

対象者

(1)身体障害者手帳所持者本人が自動車を運転する場合
(2)第1種身体障害者手帳所持者または第1種愛の手帳所持者のために、介護者が自動車を運転する場合

割引等の内容

(1)割引率 5割引
(2)対象となる自動車(割引対象車は障害者1人につき1台に限る)
障害者の方が自ら運転する乗用自動車で、本人または本人と生計を一にする方が所有するもの。ただし、営業用の自動車は除く。
介護者が運転する場合について障害者の方が自動車を所有していない場合、継続して日常的に介護している者が所有するものも可。
(3)取扱区間
道路整備特別措置法に基づく有料道路
(4)割引有効期限
申請した日から、その後の対象障害者の2回目の誕生日までです。(更新申請は2年ごと)

窓口・手続

障害福祉課で手帳に証明印を受けてください。
手帳、運転免許証、車検証が必要です。
ETC車載器搭載車も障害者割引を受けることができます。申請時には、手帳・運転免許証・車検証・ETCカード・ETCセットアップ申込書・証明書が必要です。(ETCカードの名義は原則として障害者本人です。ただし未成年の場合は保護者のETCカードで受付できます。)

駐車禁止規制の適用除外

対象者

(1)身体障害者手帳所持者で次の等級の障害をお持ちの方
視覚障害1級から3級または4級の1、聴覚障害2級または3級、平衡機能障害3級、上肢機能障害1級、2級の1または2級の2、下肢機能障害、脳原性移動機能障害1級から4級、脳原性上肢機能障害1級または2級(一上肢にのみ運動機能障害がある場合を除く)
体幹、心臓、じん臓、呼吸器、小腸、ぼうこう、直腸、免疫、肝臓機能障害1級から3級
(2)愛の手帳1度または2度(3歳、6歳、12歳、18歳に達したときの更新申請が終了している方)
(3)精神障害者保健福祉手帳1級で精神通院医療に係る自立支援医療費の支給を受けている方
(4)戦傷病者手帳をお持ちの方の一部
(5)小児慢性疾患児手帳をお持ちの方の一部

無料・割引の内容

障害者が自分で運転する場合または同居の親族(介護者)の運転する車に同乗した場合、ステッカーを車の前面に提出することで、公安委員会指定の駐車禁止場所等の規制対象から、原則として除外されます。

窓口・手続

田無警察署
電話:042-467-0110
手帳、住民票の写し(発行日から3ヶ月以内のもの)等が必要です。詳しくは田無警察署にお問い合わせください。

自動車運転教習費用の補助

対象者

18歳以上の心身障害者の方で次のいずれにも該当する方
(1)運転免許適性試験に合格した身体障害者手帳3級以上の方
または、内部障害4級以上の方、下肢または体幹機能障害5級のうち歩行が困難な方、愛の手帳4度以上の方
(2)市内に引き続き3ヶ月以上住所を有する方

給付の内容等

一般の交通機関の利用が困難な身体障害者の方に対して、運転免許を取得するための費用の一部を補助します。
※事前に申請が必要です。
補助内容
教習所などの入所料、学科技能教習料、教材費に該当する額の一部
・運転免許の取得
身体障害者の方でも障害の程度によっては補装具類を着用したり、車種を限定することにより合格基準に達することができます。
くわしくは、警視庁府中運転免許試験場へお問い合わせください。
電話:042-362-3591

制限 

所得制限があります。
・第一種普通自動車運転免許の取得の場合、前年度の所得税額が0円のときは164,800円、前年の所得税額が1円から42,000円のときは144,200円、前年の所得税額が、42,001円から400,000円のとき123,600円まで補助します。
・排気量等の限定解除の場合20,600円まで補助します。
※排気量の限定及び身体障害により付けられた免許の条件(限定条件)が対象となります。
※自動二輪車は対象となりません。

自動車改造費の助成

18歳以上の身体障害者手帳所持者で、次のいずれにも該当する方
(1)身体障害者手帳(上肢・下肢・体幹)1級、2級の方
(2)就労等に伴い、自らが所有し、運転する自動車の一部を改造する必要がある方。

給付内容等

操向装置および駆動装置の改造に要する費用を一部補助します。(133,900円まで)
※事前に申請が必要です。

制限 

本人および扶養義務者の前年所得が特別障害者手当の所得制限限度額以下であること。

窓口・手続

障害福祉課
電話:042-438-4035(直通)、042-464-1311(代表)(内線1561)
(自動車運転教習費用の補助および自動車改造費の助成の窓口・手続となっております。)

自動車燃料費の助成

対象者

市内に住所を有し、次のいずれかに該当する方
(1)身体障害者手帳4級以上で、自ら自動車もしくは二輪車を運転している方
(2)身体障害者手帳3級以上・愛の手帳3度以上・脳性まひ者(児)・進行性筋萎縮症の方のために自動車を運転する同居家族のいる方

給付の内容等

心身障害者が使用した自動車燃料費の実費の一部を助成します。
(1)自動車 月額3,000円相当を上限
(2)二輪車 月額1,500円相当を上限

制限 

所得制限があります。
施設入所者、タクシー料金助成を受けられている方は対象になりません。
本人または同居する家族の所有する自家用車が助成対象となります。

窓口・手続

障害福祉課
電話:042-438-4035

お問い合わせ

このページは、障害福祉課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4033 ファクス:042-423-4321
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ