このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

西東京市在宅要介護障害者受入体制整備事業(新型コロナウイルス感染症緊急対策事業)

ページ番号 802-600-567

最終更新日 2021年8月30日

事業概要

事業の目的

在宅で介護を必要とする在宅要介護障害者が緊急一時的に利用できる施設等の確保や支援者等の配置等受入体制を整備することにより、在宅で障害者を介護する家族等が新型コロナウイルス感染症に罹患した(新型コロナウイルス感染症陽性になった)場合においても、介護が必要な障害者が住み慣れた地域での生活の継続、罹患した家族等が安心して療養に専念できる環境を整え、在宅で生活する要介護障害者の生活の安定をはかります。

対象者

現に市内に居住する在宅要介護障害者で以下の要件全てに当てはまるもの

(1)介護者である家族等が新型コロナウイルスに感染(PCR検査で陽性が判明)している
(2)同居の介護者が新型コロナウイルスに伴う療養等のため要介護障害者の介護ができない状況にあり、要介護障害者のみでの在宅生活の継続が困難な状況にあるもの
(3)事業利用に伴うPCR検査を受け、その結果が出るまでの間のもの又は結果が陰性となったもの

※障害者総合支援法第4条第1項に規定する障害者が対象となりますが、ケースによっては支援の対象にならない場合がありますのでご了承ください。

対象期間

原則事業利用の承認を受けた日から介護者となる家族等が必要な療養を終え在宅に戻るまでの期間

※必要に応じて通常利用しているサービスへの利用切替や利用調整を行う場合がございます。

事業内容

(1)要介護障害者が緊急一時的に利用できる施設等の確保
(2)要介護障害者が、施設等へは入所せず、在宅での支援が必要になった場合のヘルパー等の派遣等
(3)事業の利用に係るPCR検査の実施 等

費用

本事業の利用に係る費用は原則無料となります。

※通常のサービスに切替えた場合は世帯の収入状況に応じた費用となります。

事業対象となることが想定される場合は以下にお問合せください。

【平日:午前8時30分から午後5時15分】
西東京市健康福祉部障害福祉課障害者相談係(電話:042-420-2805(直通))
【上記以外の夜間・休日】
西東京市役所代表電話(電話:042-464-1311)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、障害福祉課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-420-2804 ファクス:042-466-9666
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

障害者支援

こちらもお探しですか

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ