このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

サービス等利用計画・障害児支援利用計画について

ページ番号 704-480-695

最終更新日 2017年11月22日

サービス等利用計画・障害児支援利用計画とは

制度が変わったのですか?

 平成24年度に障害者自立支援法が改正され、障害福祉サービスの新規申請や、更新申請時にサービス等利用計画案(障害児通所支援を利用される場合には「障害児支援利用計画案」)を提出していただくこととなり、平成27年度以降は全員に提出していただくことになりました。

計画にはどんなことが書かれるのですか?

 サービス利用者の方本人、家族の利用意向、支援方針、解決すべき課題などが計画に記載されます。

何のために作るのですか?

 サービス利用者の方が、各サービスを組み合わせながら、より良い生活を送ることができるよう、マネジメントしていくためのものです。

どこが作るのですか、費用はかかるのですか?

 原則として、ご本人から依頼を受けた相談支援事業所が作成いたします。事業所に作成してもらっても本人の負担はありません。
※計画は本人、家族、支援者等が作成することもできます。(セルフプラン)

こんな時に提出してください

福祉サービスの新規申請・更新申請時に必要です

 市が福祉サービスの支給決定時に、サービス利用等計画案を参考といたします。 
 市から作成依頼書が届きましたら、相談支援事業所へ連絡し作成を依頼してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、障害福祉課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4033 ファクス:042-423-4321
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ