このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

冬の肌トラブル…気を付けたい事は何ですか?

ページ番号 646-637-125

最終更新日 2017年10月1日

Q:肌がカサカサしている時は、どうしたらよいですか?

A:こどもの皮膚では新生児期を除いて皮脂量が少なく、角質の保湿機能やバリア機能を十分に発揮できません。保湿機能が不十分なため乾燥しやすいこどもの肌を冬の乾燥した空気がさらに乾燥させます。バリア機能が不十分なため外界からの刺激や異物などの刺激に弱く、肌症状の悪化などのトラブルが起こりやすくなります。
できるだけ皮膚をよい状態に保つには、乾燥を防ぎ、バリア機能を回復させるスキンケアが重要となってきます。
スキンケアの基本は清潔と保湿です。入浴時は肌をこすらずによく泡立てたせっけんでなでるように洗いましょう。その後、保湿クリームなどをたっぷりと塗ります。手や頬のかさつきが気になる時は、ワセリンなどの油分の多いもので軽くマッサージをすると血行が良くなります。

Q:しもやけについて教えてください

A 手足が冷たい空気にさらされ、血行が悪くなって起こります。赤くふくらみ、痛痒くなります。
治療は、手足の血行を良くする事が大事です。ぬるめのお湯につけあたため、水分を充分拭き取ってからクリームなどをぬって、マッサージします。
予防は、手足を濡れたままにせず、水分はタオルなどで拭き取ります。また、むれやすい靴下やきつい靴下はさけましょう。

お問い合わせ

このページは、保育課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9842 ファクス:042-466-9666
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ