このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

通所グループ(ひいらぎ)

ページ番号 868-697-915

最終更新日 2019年6月17日

めだか(親子参加)グループ

対象

0歳児から2歳児まで

活動日

毎週水曜日

時間

午前9時30分から11時30分

ねらい

・保護者と一緒に遊ぶ中で、模倣する力やお友達との関係を育て、ことばやからだの発達を促します。
・子育ての様々なご相談に応じます。

利用料

無料

くじら(単独療育)グループ

対象

3歳児から就学前まで
(看護師を配置し、医療的ケアの必要なお子さんの受け入れもしています。ご相談ください。)

活動日

月曜日、火曜日、木曜日、金曜日
※5歳児は水曜日も実施

時間

午前9時30分から午後1時30分

ねらい

・基本的生活習慣を身につけます。
・からだを動かす遊びを通して丈夫なからだづくりをします。
・人との関わりを深め、遊びを作り出していく力をつけ、言葉を育てます。

利用料

児童発達支援事業による利用者負担あり

まんぼう(課題別学習)グループ

対象

幼稚園・保育園に通う3、4、5歳児

活動日

各自月2回
3歳児:月曜日
4、5歳児:水曜日、金曜日

時間

午後2時30分から4時まで

ねらい

・音楽遊び、運動遊び、ゲームなどを通して運動性を高め、課題意識、社会性を育てます。
・各自の力に応じた課題に取り組み、ことばや、手指の巧緻性、創造力を育てます。

利用料

児童発達支援事業による利用者負担あり

利用者の声

めだかグループ

2歳になっても言葉が出ず、心配になって市で相談しました。ひいらぎを紹介されて、通い始めましたが、最初は椅子に座っていることができず、走り回っていました。
1年通う内、椅子に座っていられるようになり、言葉も伸びました。通う前は悩みや不安も大きかったですが、子どもの成長する力を信じていこうと思えるようになりました。

くじらグループ

3歳児からひいらぎに週4日通うことで生活リズムも整い、友達や先生と楽しく遊ぶ中で、自分でできる事が増えていきました。
担任の先生や友達等、周りに話ができる人がいたことで、大きな力になりました。

まんぼうグループ

年中さんからは幼稚園に入り、ひいらぎにも通うようになりました。少人数の小さいグループで「わかった」「さいごまでやりきる」という経験を積み重ねていくうちに、できることが増え、子どもの笑顔も増えてとてもうれしかったです。家でのかかわり方についても「できたことをほめる」というアドバイスをいただいて実践。子どもに自信がついてきたようでした。
年長さんになって、学校をどうするか迷いましたが、先生がていねいに向き合ってくださり、子どもにより良い道を一緒に考えてくれて、無事に学校を決めることができました。子どもも私も4月に出会う仲間とともに、一歩ずつ歩んでいきます。

お問い合わせ

こどもの発達センターひいらぎ
電話:042-422-9897

お問い合わせ

このページは、健康課が担当しています。
保谷保健福祉総合センター 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4021 ファクス:042-422-7309
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ