このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

就学奨励費

ページ番号 519-816-860

最終更新日 2018年4月9日

 平成30年度(平成31年3月分まで)の就学奨励費の申請受付を開始します。
 就学奨励費とは、市内にお住まいの特別支援学級等に在籍する児童・生徒の保護者を対象に、経済的負担の軽減措置として、学用品費や学校給食費などの給食費の一部を援助する制度です。
 ご希望の方はご申請ください。
認定は年度ごとになりますので、前年度にこの就学奨励費を受けた方も改めて申請が必要です。

概要

対象者

(1)西東京市に住所があり、特別支援学級に在籍する児童・生徒の保護者
(2)西東京市に住所があり、特別支援学校の入学基準(学校教育法施行令第22条の3)に該当し、通常学級に在籍する児童・生徒の保護者(就学支援委員会の審議を受けた方)
※(2)に該当する方で、ご希望の場合は教育企画課学務係(電話:042-438-4071)までご連絡ください。

援助費目の内容

平成29年1月から12月のご家族全員の所得額の合計が教育委員会の定めた認定基準を下回るかどうかで、支給費目が異なります。(認定基準:生活保護基準額表から算出した需要額の2.5倍未満)
認定基準を下回る世帯の所得額の目安は添付ファイル「就学奨励費のお知らせ」2ページの「4 支弁区分2に認定される目安」をご参照ください。
(1)平成29年中の世帯の所得の合計額が教育委員会の定めた認定基準を下回る方⇒「支弁区分2」として認定されます。
学用品・通学用品費、新入学学用品費、修学旅行費、校外活動費(宿泊あり・なし)、学校給食費、卒業記念品費、福教材費、学校病医療費(虫歯・中耳炎などの治療費)、通学費※、交流学習交通費※、職場実習交通費※
※特別支援学級等に通う児童・生徒が対象
(2)平成29年中の世帯の所得の合計額が教育委員会の定めた認定基準を上回る方⇒「支弁区分3」として認定されます。
通学費※、交流学習交通費※、職場実習交通費※
※特別支援学級等に通う児童・生徒が対象

申請までの流れ

就学奨励費申請書(4月上旬に学校から対象者全員に配布)に記入・押印し、添付書類(該当者のみ)と共に封筒に入れ、次の(1)(2)に記載の提出先にご提出ください。

(1)学童クラブの育成料の減免申請をされる予定のない方
【提出先】在籍する学校にご提出ください。
【提出期限】平成30年4月27日(金曜日)

(2)学童クラブの育成料を「西東京市就学援助費受給世帯」の要件で減免申請をされる予定の方
【提出先】教育企画課学務係(保谷庁舎3階)
【受付期間】 平成30年4月9日(月曜日)から4月27日(金曜日)(午前8時30分から午後5時まで)
※田無庁舎1階102会議室臨時窓口(平成30年4月16日(月曜日)から4月20日(金曜日))でのご提出も可能です。 

添付書類

以下の1、2のいずれかに該当する方のみ、添付書類が必要です。(該当しない方は添付不要です。)

1 平成30年1月2日以降に西東京市に転入した方(提出先:在籍する学校)
対 象 者 申請時に添付する書類
平成30年1月2日以降に西東京市に転入した方のみ 所得に関する書類(以下(1)〜(4)のいずれか一つ)
(1)   平成29年分源泉徴収票
(2)   平成29年分の所得税の確定申告書(控)
(3)   平成30年度 市民税・都民税申告書(控)
(4)   電子申告をした際の「税務署の受付印に代えて、税務署から送信された受付結果(受信通知)を出力したもの」 と 「平成29年分の所得税の申告内容確認票(第一表)」などの氏名、所得金額、確定申告済みであることが確認できる書類
2 学童クラブの「西東京市就学援助受給世帯」の要件で育成料の減免申請をされる予定の方は、以下に該当する書類全てご提出ください。(提出先:保谷庁舎3階 教育企画課窓口)
区分 該 当 項 目 申請時に添付する書類
給与収入、パート収入、アルバイト収入がある方 「平成29年分源泉徴収票」
2 自営収入のある方、確定申告をした方
((1)〜(3)の、いずれかひとつ)
(1) 平成29年分の所得税の確定申告書(控)
(2) 平成30年度 市民税・都民税申告書(控)
(3) 電子申告をした際の「税務署の受付印に代えて、税務署から送信された受付結果(受信通知)を出力したもの」 と 「平成29年分の所得税の申告内容確認票(第一表)」などの氏名、所得金額、確定申告済みであることが確認できる書類
3 年金収入がある方 「年金振込通知書」などの受給者氏名・金額が確認できる書類
4 平成29年1月以降に退職して、現在失業中の方 (1) 雇用保険を受給している方
⇒「雇用保険受給資格者証」
(2) 雇用保険を受給していない方
⇒会社や団体等が発行した退職証明書などの氏名、退職年
月日が証明できる書類
5 生命保険・配当・仕送り・親戚知人からの援助等がある方 平成29年中に得た全ての金額が確認できる書類(振込通知書、通帳のコピー等)
6 別居の配偶者がおり、金銭援助を受けていない場合 「離婚調停中であることを証明できる書類」等、別居の配偶者から金銭援助を受けていないことを証明できる書類
7 平成29年1月以降に転入した方 転入前の自治体から支給された平成29年1月〜12月までの児童手当等の金額が確認できる書類
※通帳のコピーでも可
8 賃貸住宅にお住まいの方 (1) 都営住宅にお住まいの方
⇒「平成29年度収入認定通知書兼使用料決定通知書」
⇒「平成29年12月分 住宅使用料等領収書」等
※書類がない場合は、東京都住宅供給公社窓口センターで証明書の発行を受けてください。
(2) その他の賃貸住宅にお住まいの方
⇒「賃貸契約書」
※平成29年12月分の家賃額(共益費・雑費を除く)が確認できる書類で、建物名・氏名・金額が確認できる書類
(3) 平成29年12月以降に転入または転居した方
⇒申請日現在の家賃額(共益費・雑費を除く)が確認できる書類(賃貸契約書等)

学童クラブの「西東京市就学援助費受給世帯」の要件で育成料の減免申請をされる場合、「就学援助費」の認定基準を満たす方が該当となります。「就学奨励費」とは審査基準等が異なりますので、上に記載の書類をご用意の上、ご提出ください。

教育委員会からのお知らせ 新入学準備金が入学前に受けられるようになります

平成31年4月に小・中学校1年生となるお子様の保護者で、経済的理由により就学困難と認められるご家庭に、これまで入学後の7月末に支給を行っていた新入学学用品費(入学前の支給では「新入学準備金」という名称となります。)を入学前に受けられるようになります。詳しくは、9月上旬頃にご案内いたします。
※就学援助費の認定基準を満たす方が新入学準備金支給の対象となります。
※就学奨励費に認定されていて、新入学準備金の支給を希望される方は改めて申請が必要です。(就学奨励費に認定されていても、認定基準が異なりますので、就学援助費の認定となるとは限りません。)
※申請期間は平成30年11月1日から12月28日を予定しています。

新小1

【支給金額】 40,600円(予定)
【支給日】 平成31年2月中旬(予定)

新中1

【支給金額】 47,400円(予定)
【支給日】 平成31年2月中旬(予定)
※平成30年12月31日現在、就学援助費(準要保護)に認定されている方につきましては、申請は不要です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、教育企画課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4071 ファクス:042-423-2872

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ