このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

応急給水拠点をご存知ですか?

ページ番号 171-805-916

最終更新日 2014年10月14日

 応急給水拠点とは、大地震などが発生し断水した場合に、浄水所内にある水槽の水道水を飲み水として確保し、市民の皆さまにお配りする場所です。
 各拠点の水槽には、水道管から常に新鮮な水が循環しており、地震等の災害発生時には流入管・流出管の緊急遮断弁が作動し、水槽内の水を確保する仕組みになっています。

「ご自宅近くの応急給水拠点をご確認ください」

応急給水拠点(市内)

応急給水拠点(市外)※市境に近い方は、近隣市の応急給水拠点もご利用いただけます

応急給水拠点配置図

水のくみ置きの備えを

 水道水をくみ置きするときは、清潔でフタのできる容器に口元いっぱいまで入れてください。直射日光を避ければ3日程度は飲料用として使用することができます。(なお、浄水器をとおした水道水は塩素による消毒効果がないため、毎日くみ替えてください。)くみ替えた水は、洗濯や掃除にご使用ください。

目安は3リットル

 人間が生命を維持するために必要な水の量は、成人で1日2から2.5リットルと言われています。一人当たり3リットルを1日分の目安とし、3日分の水を確保しておきましょう。

 多自治体の応急給水拠点については、東京都水道局のホームページにてご確認いただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、危機管理室が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号 防災センター5階
電話:042-438-4010 ファクス:042-438-2820
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ