このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

地震に関する地域危険度測定調査

ページ番号 919-458-292

最終更新日 2018年2月26日

 東京都では、東京都震災対策条例(当時は震災予防条例)に基づき、昭和50年11月に第1回(区部)の地域危険度を公表しました。その後、市街地の変化を表わす建物などの最新データや新たな知見を取入れ、概ね5年ごとに調査を行っており、今回は第8回目の公表となります。
 今回の測定調査では、都内の市街化区域の5,177町丁目について、各地域における地震に関する危険性を、建物倒壊危険度、火災危険度に加え、前回から測定を始めた災害時活動困難度を加味した、総合危険度について測定しています。

地域危険度とは

 地域危険度は、以下の危険度について、町丁目ごとの危険性の度合いを5つのランクに分けて、相対的に評価したものです。

 ・建物倒壊危険度(建物倒壊の危険性)
 ・火災危険度(火災の発生による延焼の危険性)
 ・総合危険度(上記2指標に災害時活動困難度を加味して総合化したもの)

※本調査では、特定の地震を想定するのではなく、全ての地域において、同じ強さの地震が起きたと仮定し、建物の種別ごとの棟数、火気器具等の使用状況、道路や公園などの整備状況などのデータをもとに、町丁目を単位として、地震による危険性を科学的に測定しています。

 詳しくは、東京都都市整備局のホームページをご利用ください。

西東京市の地域危険度一覧表

 東京都都市整備局のホームページでは、区市町村別に、町丁目ごとの危険度ランク及び順位を掲載しています。

関連リンク

お問い合わせ

このページは、危機管理室が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号 防災センター5階
電話:042-438-4010 ファクス:042-438-2820
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ