このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

「災害時における畳の提供等に関する協定」

ページ番号 541-095-379

最終更新日 2015年11月25日

 西東京市では、地震等の災害が発生し、住民の避難所生活が長期化した場合に、避難所における避難生活の改善と被災者の痛みを和らげるため、「5日で5000枚の約束。プロジェクト実行委員会」と協定を締結しました。
(写真 左から 市内参加畳店・澤畠氏、プロジェクト理事・武内氏、丸山市長、東京都幹事・穴水氏、埼玉県幹事・岡田氏)

1 協定内容

  • 避難所等に対する畳の優先提供

2 締結日

 平成27年11月24日(火曜日)

3 「5日で5000枚の約束。プロジェクト実行委員会」

 同実行委員会は、2013年に発足し、現在全国272の畳店が参加しており、長野県北部地震、口永良部島噴火や関東・東北豪雨の際に、ボランティア活動として避難所等に畳の提供をした活動実績があり、市内にも1店、東京都内14店が参加しています。
 また、内閣官房国土強靭化における、平時から先導的な取り組みを行う民間団体として、民間の取組事例集に掲載されています。

お問い合わせ

このページは、危機管理室が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号 防災センター5階
電話:042-438-4010 ファクス:042-438-2820
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ