このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

着衣着火の火災に注意しましょう

ページ番号 320-077-839

最終更新日 2015年7月3日

 市内でガステーブルの火が着衣に着火し、火傷を負う火災が発生しました。
 東京消防庁管内では、今年の1月から6月末までに着衣着火による火災が23件発生しており、過去5年間で最も多い件数になっています。皆様も着衣着火による火災に注意しましょう。

火災を防ぐ注意ポイント

  • ガステーブルを使用する時は、袖や裾が広がった衣服の着用は避けましょう。
  • 調理中はガステーブルに近づきすぎないようにしましょう。

  ※火のついたガステーブルの近くにある調味料などを取る時に発生しています。

  • 防炎性能のあるエプロンやアームカバーを着用しましょう。

 着衣着火火災に関する情報は東京消防庁ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

このページは、危機管理室が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号 防災センター5階
電話:042-438-4010 ファクス:042-438-2820
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ