このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画について

ページ番号 595-382-358

最終更新日 2018年7月30日

1 制度の目的

 中小企業の業況は回復傾向となっているところではありますが、労働生産性は伸び悩んでおり、大企業との差も拡大傾向にあります。本制度は、今後、少子高齢化や人手不足、働き方改革への対応等厳しい事業環境を乗り越えるため、老朽化が進む設備を生産性の高い設備へと一新し、事業者皆様が労働生産性の飛躍的な向上を図ることを目的としています。

2 先端設備等導入計画の概要

  1. 先端設備等導入計画は、生産性向上特別措置法に基づき、中小企業・小規模事業者の皆様が、設備投資をとおして、労働生産性の向上を図るための計画です。
  2. この計画は、設備を設置する事業所がある市区町村が、国から導入促進基本計画の同意を受けている場合に、中小企業・小規模事業者の皆様が認定を受けることが可能です。西東京市の計画につきましては、平成30年6月に同意を受けております。
  3. 事業者皆様が西東京市の認定を受けた場合、固定資産税の特例、金融支援等の支援、補助金の優先採択等を受けることが可能となります(受けられる支援の内容によって、一定の要件があります)。

3 西東京市 導入促進計画

 西東京市の導入促進基本計画は、次のとおりとなります。

中小企業・小規模事業者の皆様が作成する先端設備等導入計画につきましては、この計画に基づき認定をさせていただきます。

4 認定を受けられる中小企業者の業種・規模

 先端設備等導入計画の認定を受けることができる中小企業・小規模事業者の業種及び規模等は、中小企業等経営強化法第2条第1項の規定により、次のとおりとなります。
※固定資産税の特例とは、対象となる規模・要件が異なりますので、ご注意ください。

 
業種分類 資本金の額又は出資の総額 常時使用する従業員の数
製造業その他 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以上 100人以下
小売業 5千万円以下 50人以下
サービス業 5千万円以下 100人以下
政令指定業種 ゴム製品製造業 ※ 3億円以下 900人以下
ソフトウェア業又は情報処理業 3億円以下 300人以下
旅館業 5千万円以下 200人以下

※自動車又は航空機用タイヤ及びチューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除く。

5 先端設備等導入計画の主な要件

先端設備等導入計画の主な要件

6 先端設備等導入計画の認定の流れ

先端設備等導入計画の認定の流れ

※西東京市への申請の前には、必ず、「経営革新等支援機関」の事前確認が必要となります。国の認定を受けた「経営革新等支援機関」については、次のリンク先をご確認ください。

7 先端設備等導入計画策定の手引き

 中小企業・小規模事業者の皆様が策定されます、先端設備等導入計画につきましては、中小企業庁が次のとおり手引きを作成しています。

8 先端設備等導入計画の申請様式

 申請様式はこちらからダウンロードできます。

9 経営革新等支援機関による確認書

 市へ申請する前に、必ず経営革新等支援機関による事前確認を受け、次の「確認書」を受ける必要があります。

10 補助金(国)の優先採択

 市の認定を受けた事業者の皆様には、下記の補助金の優先採択(審査時の加点や補助率の上昇等)があります。
※詳しくは、国の担当窓口に直接お問い合わせください。

11 計画認定後の固定資産税の特例について

 計画認定後の固定資産税の特例を受ける場合は、こちらを参照にしてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、産業振興課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4041 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ