このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

平成25年8月1日より「はなバス」乗車運賃を改定しました

ページ番号 877-100-672

最終更新日 2013年10月2日

 はなバスは、市内の公共交通空白地域に対して、住民の移動手段を確保するため、西武バス株式会社および関東バス株式会社と協定を結び、バス事業者の収支決算上に損失金が生じた場合は損失金の補填として補助金を交付する事で運行をしています。
 おかげさまで、平成14年3月から「はなバス」の運行を開始し、現在は5ルートの運行で年間130万人以上の方にご利用いただいております。

はなバス事業の現状

 はなバスの運営につきましては、これまでも乗務員の嘱託員化や外国製車両から維持経費の安い国産車両への変更、一部ルート見直しによる経費削減の取り組みを行ってまいりましたが、損失金の補填につきましては、年間約130万人のご利用をいただいても、一人一回の乗車に対して約80円の公費負担が必要となり、1億円以上の補助金を支出しております。
 このような状況から、受益者負担の観点より、はなバス利用者(一律100円)と路線バス利用者(初乗り170円からの距離別運賃)との負担の公平性を図るため、乗車運賃の改定を行いました。

改定後の乗車運賃

 乗車運賃につきましては、平成25年8月1日より150円となりました。

 一般の回数券につきましては、7月末日をもって販売終了いたしましたが、お持ちの100円の回数券は8月以降も50円を追加してお支払いいただく事でご利用いただけます。

 75歳以上の西東京市民の方へは「敬老回数券」(150円券10枚つづりで1,000円)を販売しています。
 販売場所は、車内および西武バス株式会社(滝山営業所、田無駅案内所、ひばりヶ丘駅南口案内所)、関東バス株式会社(武蔵野営業所)にて販売しています。
 購入する際は、西東京市発行の後期高齢者医療被保険者証のご提示が必要となります。
 75歳以上の方が現在販売している100円の回数券を利用される際は、50円を追加していただくことになりますので、ご注意ください。
 なお、敬老回数券を転売・譲渡することはできません。
 また、75歳以上であっても西東京市民ではない方につきましては敬老回数券を購入及び利用する事はできません。

 乗車運賃の改定に併せ、ICカード(PASMOやSUICAなど)のご利用ができるようになりました。
 なお、ICカード利用による特典サービスの適用はございません。

 安全性などの確保のため、ドライブレコーダーを車内外5箇所に設置しました。

はなバス乗車運賃改定表

 
  平成25年7月31日まで 平成25年8月1日から
一般 100円 150円
身体障害者手帳(第1種)、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方 100円 100円(据え置き)
介助者
(車いす利用者、民営バス乗車割引証、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方の介助者)
無料 介助者1名まで100円
こども 100円 100円(据え置き)
未就学児 無料 保護者1名につき2名まで無料

はなバス乗車料金の改定にご理解を

 市では、厳しい財政状況の中で、これからも効率的な事業の運営を行い財政の健全化を図ってまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

お問い合わせ

このページは、都市計画課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4050 ファクス:042-438-2022
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ