このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

災害派遣等従事車両証明書

ページ番号 563-105-833

最終更新日 2020年3月7日

 東日本大震災の発生に伴い、被災地からの要請に基づき、支援等に従事する車両について、有料道路を利用する場合、料金の無料措置を受けることができる「災害派遣等従事車両証明書」を発行しています。
 発行に際しては、被災自治体により取り扱いが一部異なりますので、事前にお問い合わせください。

申請方法

1 対象車両

福島県
(1)新地町、相馬市、南相馬市、楢葉町、広野町及びいわき市において、災害廃棄物の仮置場までの一次処理に使用する車両(放射能物質により汚染された災害廃棄物の処理及び土壌等の除染作業は除く)
(2)国による東京電力福島第一原子力発電所事故に関する警戒区域等の見直しに伴い災害救助が必要となる地域において、応急仮設住宅の建設のため使用する車両(応急復旧に係る電気、ガス、上下水道及び電話を含む)
岩手県
(3)宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市及び陸前高田市において、災害廃棄物の仮置場までの一次処理に使用する車両
宮城県
(4)塩竈市、気仙沼市、山元町、松島町、七ヶ浜町及び南三陸町において、災害廃棄物の仮置場までの一次処理に使用する車両
3県共通
(5)(1)から(4)のいずれかを行う自治体が使用する車両
(6)(1)から(4)のいずれかを行うボランティア活動であって、自治体等が受入を承諾したものに使用する車両

2 提出書類

(1)災害派遣等従事車両証明の申請書(添付ファイル)
(2)(1)の申請に基づき派遣する車両の車検証の写し
(3)車両を運行する方の免許証の写し
(4)公的機関等からの要請内容が確認できる書類
(5)ボランティア活動の場合、ボランティア受入先で受入承諾書の写しまたはこれに類する受け入れを確認できる書類

3 期間

平成25年3月31日(日曜日)まで

4 受付・発行時間

午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日および祝日を除く。)

5 申請場所

西東京市保谷庁舎 防災センター5階 危機管理課(西東京市中町一丁目5番1号)

6 申請上の注意事項

(1)1.申請書の確認、2.審査、3.公印の押印、4.受入先の受入確認等を行いますので、発行までお時間いただきます。余裕を持った申請をお願いします。
(2)証明書は、出口料金所で提出が必要なため、車両1台につき、通行1回当たり1枚必要となります(一定期間、自由に有料道路を乗り降りできる証明書の発行はしておりません。)。
(3)入口では一般レーンで通行券を受け取り、出口では一般レーンで本証明書と通行券を係員にお渡しください。ETCは利用できません。本証明書に記載の入口IC、出口IC以外の利用はできません。
(4)1.使用する有料道路名、2.区間(入口料金所、出口料金所)は、具体的に記入してください。

7 様式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、危機管理課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号 防災センター5階
電話:042-438-4010 ファクス:042-438-2820
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ