このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

不用品回収の業者に注意

ページ番号 702-159-588

最終更新日 2020年2月17日

Q.
 不用品回収業者が頻繁に投げ込み広告や、軽トラックでのアナウンスで宣伝している。依頼したいが、高額な引取料を請求されないか心配。

A.
実際、質問のように、事前に料金を提示せず、不用品を運び出した後に高額な請求をされるケースがあります。
 家庭から出されるごみは、自治体が収集、運搬、処分するように定められていますが、収集業者は次のことを守らなければなりません。
・ごみ(一般廃棄物)の収集・運搬または処分を事業として行う場合、各自治体に一般廃棄物収集運搬業もしくは処分業の許可を得なければならない。
・事前に見積りをして代金を知らせる。(代金等重要事項を知らせず作業後に高額請求することは東京都消費生活条例違反)
・請求金額の根拠を明確にする。
・チラシには屋号だけではなく事業者名、所在地を明記する。
・領収書を発行する。
 以上の内容が守られていなかったなど、請求後でも減額交渉が出来る場合もあるので消費者センターにご相談ください。
 引越しの際に発生する廃棄物は引越業者が所定の場所まで運び、一般廃棄物収集運搬業者に取り次ぐことができるので、引越業者に相談しましょう。
 粗大ごみの廃棄を希望する場合は、市の粗大ごみ受付センター(電話:042-421-5411)でお申し込みください。
また、大量のごみを一度に処理したい場合は、一般廃棄物処理業者を紹介することもできますので、ごみ減量推進課(電話:042-438-4043)へお問い合わせください

  • 西東京市消費者センター(相談専用電話:042-462-1100)

関連リンク

消費生活相談室の紹介ページです。

※相談は、電話または来所(予約制)で受け付けています。

ごみ減量推進課からの注意のお知らせです。

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。
市役所田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-420-2821 ファクス:042-420-2893
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

消費生活相談Q&A

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ