このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

原野商法の二次被害に注意!

ページ番号 452-414-459

最終更新日 2017年4月14日

Q.数十年前に購入した地方の山林の処分に困っていたところ、「太陽光発電に利用するため、あなたの土地を高く買いたがっている人がいる」との文書が届き、連絡をして訪問を受けた。「当社が高額で買い取って転売する。その売却にかかる税金対策のため、別の土地と交換する形にしたほうがよい」と勧められ、契約書を交わし100万円を支払った。その後、その不動産業者と連絡が取れなくなった。

A.この事例は値上がりの見込みがない山林や原野などを、値上がりするかのように偽って販売する「原野商法」の二次被害と思われることを説明しました。
 契約書を確認すると、土地を「売る」契約ではなく、新たな原野を「買う」契約をさせられていました。
 営業所以外の場所での契約であればクーリングオフが出来る場合や、取消しが可能な場合もありますが、このケースでは弁護士相談も案内しましたが、相手事業者と連絡が取れない以上、解約・返金交渉は難しいとのことでした。
 売れないと諦めていた土地を「周辺で新幹線や高速道路の建設計画がある」「老人ホームや災害被災者受入れ施設の土地を探している」など巧みなトークで売ってほしいと勧誘するケースが多いようです。
 被害にあわないためには、所有している土地の自治体や宅地建物取引業協会などで、実際の価値や周辺の土地の状況について調べることも有効です。土地を売る準備と称し、整地、測量、広告料を請求する業者もいます。

 詳しくは消費者センターへお問い合わせください。

  • 消費者センター(相談専用:042-425-4040)

関連リンク

消費生活相談室の紹介ページです。

※相談は、電話または来所(予約制)で受け付けています。

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4046 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

消費生活相談Q&A

こちらもお探しですか

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ