このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

架空請求はがきにご注意を!

ページ番号 483-020-895

最終更新日 2018年6月25日

Q.
 「総合消費料金に関する訴訟最終告知」というはがきが届いたが、まったく心当たりがない。どう対応したらよいだろうか。

A.
 架空請求につながるはがきなので、相手に連絡しないよう情報提供しました。
 差出人には法務省〇〇センターとあり、契約不履行による民事訴訟が提訴されたなどと記載されており、心当たりがなくても不安になるような文言となっています。
 また、訴訟の取り下げの相談に応じるので、必ず本人から電話するようにと電話番号の記載があり、消費者から連絡するよう巧みな誘導となっています。
 このようなはがきは、50歳代以上の女性を狙って届いている傾向があり、個人情報を何らかの手段で入手し、発送していると思われます。昨年度から多くの相談が当市をはじめ全国の消費者センターに寄せられています。
 差出人の団体は法務省とは一切関係がなく、記載の電話番号に連絡しないよう法務省のホームページでも注意喚起されています。
 電話をしてしまうと、訴訟の取り下げについては弁護士を紹介すると言われるようです。しかし、実際には訴訟を起こされているわけではなく、架空の話のため、このようなはがきを受け取っても、相手に連絡しないようにしましょう。心配な場合は消費者センターにご相談ください。

・消費者センター(相談専用電話:042-425-4040)

関連リンク

消費生活相談室の紹介ページです。

※相談は、電話または来所(予約制)で受け付けています。

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4046 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

消費生活相談Q&A

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ