このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

リフォーム業者の訪問があって…

ページ番号 628-645-655

最終更新日 2015年5月13日

Q.昨日リフォーム業者の訪問があり、モデル工事にしたいから値引きすると強引に勧められ、外壁塗装と屋根の補修工事を契約した。高額であり工事の必要性にも疑問があり解約したい。

消費生活・消費生活相談Q&A

A.このケースでは訪問販売なのでクーリング・オフができることを説明し、通知の書き方・出し方を助言しました。不安をあおったり、今なら安く工事できるなどと契約を急がせる事業者には慎重に、その場で契約をしないようにしましょう。工事を契約する前には、(1)見積りを複数社から取り、金額と工事内容を確認する、(2)工事内容について事業者と話し合ったことは記録に残す、(3)工事の必要性をよく検討する、の3点が重要です。
 市の都市計画課住宅対策係注1)では、市内の建設業者団体と協定を結び、安心して依頼できる業者をあっせんする事業を行っています。また見積書については、工事内容や価格が適切かどうかなど、専門的なアドバイスを受けられる、住宅リフォーム・紛争処理支援センター住まいるダイヤル注2)があります。
 リフォーム工事の相談では、契約後にキャンセルしようとしたら高額なキャンセル料を請求された、大幅に工期が遅れた、工事がずさん・施工不良、業者の対応が悪い、などさまざまな相談が寄せられています。手抜き工事や施工不良については専門家の判断が必要となるケースもあり、専門相談を案内することもあります。このようなトラブルを避けるためにも慎重な業者選びが大切です。
 詳しくは、消費者センターまでお問い合わせください。

注1)都市計画課住宅対策係 電話:042-438-4051
注2)住宅リフォーム・紛争処理支援センター住まいるダイヤル 電話:0570-016-100

消費者センター 消費生活相談室(電話:042-425-4040)

関連リンク

消費生活相談室の紹介ページです。

施設一覧コーナーの西東京市消費者センターの紹介ページです。

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4046 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

消費生活相談Q&A

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ