このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

「個人情報を削除します」の電話

ページ番号 805-126-688

最終更新日 2015年10月27日

Q.消費者センターを名乗り「あなたの個人情報が3社に漏れている」「2社は削除できたが1社は代理人を立てないと削除できない」「代理人を紹介してあげる」と数回電話があった。その後、あなたが違法行為に加担したことで刑事事件になりそうだと言われ、怪しいと思いそれ以降電話に出ていないが詐欺だろうか。

A.このケースでは、紹介された代理人が相談者の名義のまま商品購入の代金を振り込んだため、相談者に名義貸しの疑いが掛けられているとの内容でした。相談者には、これは詐欺の可能性が高いため、今後は発信者番号通知で電話番号を確認したり、留守番電話設定にして必要な電話以外は出ないようにしたりするなど様子を見るよう助言しました。
 このように消費者センターや国民生活センターなどを名乗り「個人情報を削除してあげる」と持ち掛け、さまざまな理由を付けて金銭を要求してくる相談が多く報告されています。年金情報流出後は、日本年金機構をかたり、年金に関連付けるケースも増えました。
 公的機関がこのような内容で電話をかけることは絶対にありません。話を聞いてしまうと相手のペースに乗せられ、実際に高額を振り込んでしまったケースもあります。このような電話があったときは、相手にせず下記へご相談ください。

詳しくは消費者センターへお問い合わせください。
消費者センター 消費生活相談室(電話:042-425-4040)

関連リンク

消費生活相談室の紹介ページです。

※相談は、電話または来所(予約制)で受け付けています。

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4046 ファクス:042-438-2021
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ