このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

レジ袋の有料化がスタートします!

ページ番号 344-178-006

最終更新日 2020年6月30日

2020年7月1日から、レジ袋(プラスチック製買物袋)が有料化されます。

何気なくもらっているレジ袋、本当に必要ですか?

プラスチックは非常に便利な素材で、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。その一方で、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化など課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。
レジ袋の有料化を通じて、普段何気なくもらっているレジ袋が本当に必要かを考え、マイバックを持参するなど、不要なレジ袋を減らしましょう。

対象となるレジ袋のポイント4点

(1)素材は何か(混合でも、最も多くプラスチックが使用されている素材)
(2)持ち手があるか
(3)商品を入れるためのものか
(4)必要かどうかを消費者が判断できるか

有料化の対象外の素材の袋についても、事業者の自主的な取り組みとして、有料とするお店もあります。
有料となる袋や1枚あたりの価格については、買い物をするお店で確認をしてください。

詳しくは、以下の関連リンクをご覧ください。

お問い合わせ

このページは、協働コミュニティ課が担当しています。
市役所田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-420-2821 ファクス:042-420-2893
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ