このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

市民税・都民税申告の出張窓口開設について

ページ番号 679-471-805

最終更新日 2019年1月15日

1月31日(木曜日)から2月7日(木曜日)(土曜日・日曜日を除く)の期間に下表のとおり、市民税・都民税の出張窓口を開設します

場所 日程 受付時間
柳沢公民館 1月31日(木曜日) 今年度より各会場により、受付時間が異なりますので下記「出張窓口における注意点」をご確認の上、ご利用ください。
新町福祉会館 2月1日(金曜日)
芝久保公民館 2月4日(月曜日)
住吉会館ルピナス 2月5日(火曜日)
下保谷福祉会館 2月6日(水曜日)
ひばりが丘公民館 2月7日(木曜日)

出張窓口における注意点(今年度より受付時間に変更があります!)

各会場の受付時間は、下記のとおりとなりますので、お時間には、余裕をもってお越しください。

  • 柳沢公民館及びひばりが丘公民館
    午前…午前9時30分から11時30分
    午後…午後1時から3時30分
  • その他の会場
    午前9時30分から午後1時30分(正午から午後1時も開設しています。)
    ※各会場ともに、午前9時までは会場に入れません。
    ※車でのご来場は、ご遠慮ください。
  • 開設する出張窓口は、市民税・都民税の申告・相談受付となります。よって、確定申告についての相談は受付けておらず、提出のみ(すべての項目の記載が終了している申告書に限る)の受付けとなりますのでご注意ください。
  • 市での確定申告の作成や相談は、確定申告期間である2月18日(月曜日)から3月15日(金曜日)の平日のみになります。
    詳しくは、市報等をご覧ください。
  • 東村山税務署の確定申告作成会場は、2月18日(月曜日)から開設されます。
    詳しくは、東村山税務署へお尋ねください。

申告書へマイナンバーの記載が必要です!

 昨年よりマイナンバー制度が導入され、市・都民税の申告の際に、個人番号確認と身元確認が必要となりました。下記の「必要となるもの」欄の(6)をよくご確認の上、ご用意ください。

医療費控除の明細書の作成及び提出

 昨年(平成30年度)から、医療費控除の申告には領収書の提出が不要となりました。よって、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」を作成し、添付してください。
※領収書は、ご自身で5年間保存する必要があります。

必要となるもの

(1)給与や公的年金等の収入があった方は源泉徴収票
(2)給与、年金収入以外の方は、収入金額や経費の算定基礎となる証明書や領収書等
(3)生命保険、地震保険の控除証明書等、医療費控除の明細書、寄附金の領収書等
(4)障害者の方は障害者手帳等
(5)勤労学生の方は在学証明書または学生証
(6)マイナンバー制度導入に伴う番号確認・身元確認書類(1、2のいずれか)
 1.マイナンバーカードのみ
 2.個人番号通知カードまたは個人番号が記載された住民票の写しと、公的機関が発行した身元確認書類(運転免許証、パスポート、障害者手帳、年金手帳など) 
 ※公的機関が発行した顔写真付きでない身元確認書類の場合は、身元確認書類の写し(公的医療保険の被保険者証、年金手帳、年金証書など)2点が必要となります。

お問い合わせ

このページは、市民税課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9827 ファクス:042-465-8813
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ