このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

「みんなでSTOP迷惑電話!安心生活を手に入れる」プロジェクト データ分析と第2回モニターアンケートの結果

ページ番号 160-442-710

提供日 2015年1月15日

最終更新日 2015年1月15日

警告件数は毎月平均676件

 西東京市では、「みんなでSTOP迷惑電話!安心生活を手に入れる」プロジェクトにおいて、平成25年7月〜9月に振り込め詐欺などの迷惑電話を防止する機器のモニターを募集し、1年間の実証実験を行いました。
 モニター期間が終了する前に、機器の設置により警告した迷惑電話がどの程度あったかなどのデータ分析を行うとともに、モニターの方に第2回目のアンケートを行いました。この度、その結果がまとまりましたので報告します。

データ分析について

1.対象期間

平成26年3月〜10月

2.実施方法

ワイモバイル株式会社およびトビラシステムズ株式会社によるデータサーバ分析

3.分析結果

・機器による迷惑電話の警告件数は、1か月あたり平均676件
・このうち、データサーバにあらかじめ登録されている番号および番号非通知として警告された着信は、70〜85パーセント
・警視庁から提供を受けた電話番号として警告された着信は、計60件
※「警告された着信」の場合、機器が赤く光り、電話機の着信音は鳴りません。

アンケートについて

1.実施期間

平成26年6月23日〜7月22日

2.対象者

市民モニター 142人(有効回答数 103人)

3.結果

・モニターの意識に変化
「以前より安心して電話に出られるようになった」、「以前より注意して電話に出るようになった」、「迷惑電話に関するニュースや情報に敏感になった」、「迷惑電話について家族や友人・知人とよく話すようになった」との回答が得られ、「以前とあまり変わらない」という回答は6.6パーセントにとどまった。

※データ分析・アンケート結果の詳細などについては、西東京市ホームページで公表しています。

「みんなでSTOP迷惑電話!安心生活を手に入れる」プロジェクトとは…

 電話による消費者被害と振り込め詐欺の防止、被害の未然防止・拡大防止を図るため、また、機器設置の効果等を測るための実証実験として、モニターの方に電話機附属機器を1年間無償貸与したものです。
 本事業は、消費者庁から紹介されたモデル事業を機に、株式会社ウィルコム(現ワイモバイル株式会社)、トビラシステムズ株式会社と協定を締結し、警視庁および田無警察署の協力のもと実施しました。

問い合わせ先

生活文化スポーツ部 協働コミュニティ課
消費者センター(電話:042-425-4141)

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

2015年

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ