このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

ハンディキャップサービス講演会 すべての子どもたちに読書の楽しさを

ページ番号 853-477-264

提供日 2016年10月6日

最終更新日 2016年10月6日

知っていますか?マルチメディアデイジ―

 読みたいのに読めない、見えているのに読むことがとても苦手など、読むことに困難を抱えた学習障害・各発達障害・知的障害・視覚障害(弱視)などの子どもたちに、マルチメディアデイジーはとても有効とされています。マルチメディアデイジーの存在をお知らせし、すべての子どもたちが読書を楽しめる方法を探ります。
 当日は、マルチメディアデイジーの使い方や活用法を案内し、市内利用者の方には、資料の貸出もいたします。

ハンディキャップサービス講演会

日時

10月15日(土曜日)午後2時〜4時

場所

保谷駅前公民館 集会室(ステアビル5階)  

定員

70名(申込み順)

講師

矢部 剛氏(公益財団法人伊藤忠記念財団 電子図書普及事業部長)
※伊藤忠記念財団では、障害により読むことが困難な子どもたちの読書環境の向上をめざし、児童書の電子化(マルチメディアデイジー規格)を進め、読書支援事業を行っています。                     

事前申込

来館または電話で下記へ

お問い合わせ

保谷駅前図書館(電話:042-421-3060)

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

2016年

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ