このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

東京都内初! フレイルチェック事業 東京大学と連携協定を締結します

ページ番号 577-630-073

提供日 2016年12月8日

最終更新日 2016年12月8日

連携協力に関する協定の締結式開催

 この度、西東京市と東京大学高齢社会総合研究機構との間で「連携協力に関する協定」を締結することになりました。
 協定の主な目的は、東京都内の自治体では初の取組みとなる、「フレイル(いわゆる虚弱状態のこと)」をチェックできるプログラムを、西東京市と東京大学が共同で実施することです。

  • 高齢男性の約7割、高齢女性の約9割が、介護状態になる前にフレイルを経験するとされています。
  • フレイルチェックを受け、早期に自身の状態を自覚し予防することで、要介護状態となるまでの期間をのばし、可能な限り長く元気な状態を維持できるようになります。
  • フレイルチェックは、専門職や市の職員が行うのではなく、「市民による、市民のための事業」として実施します。市民の皆様の健康意識の向上と、まちづくり参加意識の醸成につなげ、「健康」応援都市の実現を目指します。

締結式

日時

平成28年12月20日(火曜日)午後3時から(20分程度)

場所

西東京市役所 田無庁舎3階 庁議室

出席者

東京大学高齢社会総合研究機構 飯島勝矢 教授
西東京市長 丸山浩一  同副市長 池澤隆史

 当日は、協定書の交換後、考案者の飯島教授より「フレイル予防事業」について、ご説明させていただく予定です。

問い合わせ先

高齢者支援課(電話:042-438-4102)

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

2016年

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ