このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年3月11日 市長コラム

ページ番号 391-281-086

最終更新日 2016年3月11日

 東北地方を中心に未曽有の被害をもたらした東日本大震災の発生から5年が経過しました。
 改めて、この震災により犠牲となられたすべての方々に哀悼の意を表しますとともに、今なお、各地で避難生活を余儀なくされている皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 
 被災地において復興が本格化する中で、復興事業に従事する人材の確保が喫緊の課題とされています。
 この取り組みは、いまだ道半ばであり、多くの力を必要とする復興事業を確実に進めていくためには、引き続き、国を挙げて取り組んでいく必要があります。
 西東京市では、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県上閉伊郡大槌町に平成26年4月から職員を派遣してきましたが、引き続き、東京都市長会等を通じた支援要請に応え、平成28年度も同町への職員派遣を継続してまいりたいと考えております。
 

 また、本市においても、これまでの教訓を踏まえ、安全で災害に強いまちづくりを進めているところですが、引き続き、地域防災計画の確実な推進として、防災講話による防災知識の普及・啓発に取り組むとともに、各避難所運営協議会によるマニュアル作成や訓練への支援等、地域の皆様の防災意識・対応力の向上につながる取り組みを進めてまいります。
 さらに、市の防災力強化のため、災害対策本部をはじめ、一時滞在施設、福祉避難施設、医療救護所の設置運営訓練などを継続的に実施してまいります。
 そして、災害発生時の避難者の連絡手段を確保するため、全ての市立小中学校への災害時用特設公衆電話の設置に向けて取り組んでまいります。
 

 今後も市民の皆様が安心して暮らしていけるよう取り組みを進めてまいりますので、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。
 

 西東京市長 丸山 浩一

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ