このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

勝浦市(友好都市)で磯観察を行いました!

ページ番号 653-528-474

最終更新日 2019年8月13日

「新種発見!!?勝浦市(友好都市)で磯観察!」

 都市間交流事業として、西東京市と友好都市である千葉県勝浦市にて、磯観察を行いました。令和元年7月25日(木曜日)には事前学習会、8月4日(日曜日)には勝浦市での磯観察当日の2回に分けて実施しました。

事前学習会の様子

 令和元年7月25日(木曜日)に、西東京市にて事前学習会を行いました。講師に、千葉県立中央博物館分館海の博物館から奥野先生をお招きし、海の生態系や、磯にいる生き物などをテーマに講義いただきました。


図鑑を作成するため、スケッチの練習も行いました

当日の様子

竹灯籠たけとうろうづくり

 令和元年8月4日(日曜日)の早朝から、20名の参加者と共に勝浦市に向かいました。
 まずは、磯観察の前に、毎年2月下旬から3月上旬にかけて勝浦市で行われる「かつうらビッグひな祭り」でも飾られる竹灯籠づくりを体験しました。


竹に穴を開けて、光が灯るようにします

磯観察

 竹灯籠づくりの後は、勝浦市にある千葉県立中央博物館分館海の博物館前にある吉尾海岸に移動をして、磯観察を行いました。海の博物館の研究員の指導のもと、海岸にて生き物を観察したり、捕まえたりしました。捕まえた生き物は、顕微鏡等を使用し、名前や特徴を調べ、各々のスケッチを作成しました。


吉尾海岸での磯観察の様子


捕まえた生きもの


スケッチする生きものを選びます


捕まえた生きものをよく観察して、スケッチします

 参加された子供達や同伴された保護者の方々からは、「もっと生き物をつかまえてみたかった」「海の博物館の方のくわしい説明もあり、ただのあそびでなくまさに観察ができた」「スケッチや発表することによって磯でとれた生物への理解が深められたのでよかった」「友好都市が勝浦市だと知らなかったので、今回行けてとても良かった」という感想を頂きました。
 磯や海の生態系について学ぶだけではなく、西東京市の自然環境について改めて再認識できたのではないでしょうか。姉妹都市・友好都市を知って頂くきっかけにもなりました。

磯の生き物図鑑

 参加者が作成したスケッチをもとに、「磯の生き物図鑑」を制作しました。「磯の生き物図鑑」は、田無庁舎2階にある姉妹都市・友好都市のショーケースに展示しています。是非ご覧ください。

「磯の生き物図鑑」の一部をご紹介

お問い合わせ

このページは、文化振興課が担当しています。
田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-420-2817 ファクス:042-420-2893
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ