本文ここから

みることからはじめよう~アートと科学は似ているかな~参加者募集!

ページ番号 703-255-926

最終更新日 2022年11月11日

 アートも科学もよくみることが始まりです。市内小学校を中心に「対話による美術鑑賞」事業を実施している市民ボランティア「アートみーる」と一緒に、芸術作品を見て、感じたこと、思ったことを言葉にしてみませんか?
 その後、展示室や生活の中で新しい発見ができるかも!?

概要

日時

令和4年12月17日(土曜日)
(1)午前11時から正午まで
(2)午後2時から3時まで 

場所

多摩六都科学館 レクチャールーム

対象

・小学3年生から大人(1組2人まで、1人参加可)
※参加者以外の入室は不可
※圏域(小平市・東村山市・清瀬市・東久留米市・西東京市)市民優先

定員

各回10組
※申込多数の場合は抽選。

費用

多摩六都科学館入館料

申込方法・締切

 令和4年12月5日(月曜日)(必着)までに、多摩六都科学館HPからお申し込みください。

 はがきの場合は以下の内容を記入のうえ、お申し込みください。

 締切後、全員に参加の可否をご連絡いたします。

(1)イベント名(みることからはじめよう~アートと科学は似ているかな~)
(2)氏名(ふりがな)
(3)年齢
(4)希望時間(午前11時から正午まで、又は午後2時から3時まで)
(5)介助者の有無
(6)住所
(7)電話番号(当日連絡のとれる連絡先を記入)
2人での申込みの場合、申込者全員分の記入をお願いいたします。

申込先

(1)多摩六都科学館ホームページ
新規ウインドウで開きます。多摩六都科学館ホームページ(外部リンク)

QRコード
 

(2)はがき
〒188-0014 東京都西東京市芝久保町五丁目10番64号
多摩六都科学館 「みることからはじめよう~アートと科学は似ているかな~」担当

注意事項 必ずお読みください。

※今後の新型コロナウィルスの感染状況等によっては、本事業を中止とさせていただく場合がございます
※移動や会話にお手伝いが必要な方はお知らせください。
※事業の模様を写真撮影し、市の広報、報告等のため、市報・市ホームページ等に使用させていただきます。撮影・使用をしないでほしいという参加者の方は、申込時にお申し出ください。

「対話による美術鑑賞」事業

対話による美術鑑賞とは?

 知識に頼らず作品をよくみることからはじめ、「これは何だろう?」と一人ひとりに考えることを促し、様々な意見を引き出しながら、作品の見方を深めていきます。
 自分の思いや考えを言葉にすることで、観察力、思考力、コミュニケーション力がつくとされています。

アートみーるって何?

 アートみーるは、たくさんの人とおしゃべりをしながらアートを鑑賞する活動を行う西東京市のボランティアです。メンバーは「みーるさん」と呼ばれています。「みーる」という言葉には、「見る」と「meal」(食事)の二つの意味があり、アートをよくみて、味わうことを大切にしています。市内の小学校を訪問して図工の鑑賞をサポートしたり、地域のイベントに参加したりしています。

お問い合わせ

このページは、文化振興課が担当しています。

田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号

電話:042-420-2817

ファクス:042-420-2893

お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

文化芸術振興事業