このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

柳沢公民館 地域づくり未来大学

ページ番号 213-800-568

最終更新日 2021年9月8日

自分本来の価値観で地域を見ると…

地域づくり未来大学チラシイメージ

 地域づくり未来大学は、参加者同士の交流や公民館での「学び」を通して、自分の住む地域について理解を深めるための連続講座です。
 地域関係者から現場の生の声を聞き、参加型の学びによって地域の魅力を再発見し、課題解決に向けて具体的な取り組みにつなげるためにどうしたらよいか考えます。

概要

日時

9月18日から3月5日 土曜日 (全11回)午前10時から午後0時15分

定員

20人(申込順)

場所

柳沢公民館 視聴覚室

申込方法

9月2日(木曜日)午前10時から電話かメールで柳沢公民館へ

お問い合せ

柳沢公民館
(電話:042-464-8211 Eメール:kouminkan@city.nishitokyo.lg.jp)

  月 日 曜日 内  容 講師・スタッフ
第1部 1 9月18日 土曜日 【入校式・オリエンテーション】
自分を知り、相手を理解するための心理学・実践トレーニング1
公民館・地域づくりサポーター
株式会社HR and 代表取締役 神吉徹二
2 10月2日 自分を知り、相手を理解するための心理学・実践トレーニング2 株式会社HR and 代表取締役 神吉徹二
3 10月16日 自分を知り、相手を理解するための心理学・実践トレーニング3 株式会社HR and 代表取締役 神吉徹二
第2部 4 11月6日 【活動の研究・地域再発見1】
商店街を「核」とした、コミュニティのひろがり
ヤギサワベース 代表・柳盛会柳沢北口商店街 庶務
中村晋也
5 11月27日 【活動の研究・地域再発見2】公開講座
子どもの居場所を知る、考える
西東京わいわいネット 代表 岸田久恵
西東京子ども放課後カフェ 副代表 西原みどり
6 12月4日 【活動の研究・地域再発見3】
地域の魅力を活かした住民参加型のコミニティづくり
株式会社ユニココ 代表取締役 若尾健太郎
第3部 7 12月18日 【西東京市の未来図を描こう1】活動企画書の作成 明治大学非常勤講師 岩松真紀
8 1月15日 【西東京市の未来図を描こう2】活動企画書の作成 明治大学非常勤講師 岩松真紀
9 1月29日 【西東京市の未来図を描こう3】活動企画書の作成 明治大学非常勤講師 岩松真紀
10 2月19日 【講座のまとめ】グループ発表
「学び」を「地域づくり」につなげる実践に向けて
明治大学非常勤講師 岩松真紀
11 3月5日 【修了式】 今後に向けて 公民館・地域づくりサポーター

講師紹介

神吉 徹二(株式会社HR and 代表取締役)
 大学卒業後、デロイトトーマツコンサルティングにて、大手メーカーを中心とする人事制度構築案件等を担当。その後、株式会社リクルートホールディングスの人事グループマネジャー、ITベンチャー企業の人事部長を経て独立。その後独立。現在は常時5、6社の組織・人事課題解決に従事しつつ、自身の父親が仕事を辞めた後にうつ状態になったことをきっかけに、人事経験と心理学を活用したセカンドライフ支援事業を立ち上げ、実践している。

中村 晋也(ヤギサワベース 代表・柳盛会柳沢北口商店街 庶務)

 多摩美術大学芸術学科卒業後。2002年に神楽坂に有限会社NKグラフィコを設立。雑誌やカタログ・パンフレットなどの制作を行う一方で、新たな活動の場として、住処のある西東京市に駄菓子屋併設型デザイン事務所『ヤギサワベース』を2016年4月にオープン。地域に根ざした新しい形のデザイン事務所を模索しつつ、現在に至る。オープンと同時に商店街にも加盟し、現在は同商店街の庶務をしている。

岸田 久惠(NPO法人猫の足あと 代表理事、西東京わいわいネット 代表)
 2016年3月に38年務めた小学校教員を定年退職、子どもの居場所づくり、子どもや若者の学びや自立の支援に取り組むとともに、子ども食堂、教職員の研究会、不登校の親の会、教育カフェなどを開いている。中学校教員の夫、娘と息子に猫1匹が家族。
執筆「自立支援とは何だろう」日本生活指導学会編 高文研

西原 みどり(西東京子ども放課後カフェ 副代表)
 西東京市主任児童委員を20年間務める。西武池袋線北側地域で、中学校放課後カフェ、児童センターおにぎりカフェ、子ども食堂などの活動を展開。子どもの居場所づくりや多世代交流を実践し、また、困難を抱える家庭の支援を「子ども家庭支援センター」と共に行う。西東京子ども放課後カフェ副代表、西東京市青少年問題協議会専門部会長、公民館運営審議会会長、市民吹奏楽団ウインズパストラーレ代表を務める。保護司。

若尾 健太郎(株式会社ユニココ 代表取締役)
 中央大学経済学部卒。IT会社勤務、青年海外協力隊派遣(グアテマラ共和国)、NPO法人(群馬県、東京都)所属等の経歴の中で、農産物による地域ブランドの開発、農家ネットワークの設立支援、地方創生事業、被災地復興支援事業など幅広く活動。2012年、株式会社ユニココを設立。西東京市では、農福連携コミュニティファーム「みんなの畑」、小規模公園活用プロジェクト、空き家活用プロジェクト、アンテナショップの立ち上げ支援等の地域振興事業を実施。2019年から団地再生プロジェクトを担う「一般社団法人まちにわひばりが丘」の運営を行う。

岩松 真紀(明治大学非常勤講師)
 専門は社会教育学、環境教育学。学位論文は、「戦後農山村地域における健康学習運動の成果と可能性―長野 県松川町の事例を中心に―」であり、住民の主体的な学習に注目した。住民の主体的な学習・活動という共通性 から、健康にかかわる学習以外にも、公害教育、こども食堂、九条俳句訴訟などに研究の関心がある。東村山市 公民館運営審議会委員。

チラシダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、公民館が担当しています。
柳沢公民館 〒202-0022 西東京市柳沢一丁目15番1号
電話:042-464-8211 ファクス:042-464-8212
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ