本文ここから

柳沢公民館 地域づくり未来大学

ページ番号 812-718-195

最終更新日 2022年9月9日

地域課題を捉え、まちの豊かさを考える第一歩

地域づくり未来大学チラシイメージ

 子どもの貧困、ヤングケアラー、若者の生きづらさ、高齢者の地域での支え合い、つながりや居場所の拡充等、社会問題への理解を深めながら、地域課題を捉えます。参加者の交流や「学び」を通して、地域で何ができるか考えましょう。

概要

日時

9月17日から3月11日 第1・3土曜日 (一部変則あり)(全12回)
午前10時から午後0時15分(第11回のみ午後2時から4時15分)

定員

20人(申込順)※初めての方優先

場所

柳沢公民館 視聴覚室

申込方法

9月2日(金曜日)午前10時から電話かメールで柳沢公民館へ

お問い合せ

柳沢公民館
(電話:042-464-8211 Eメール:kouminkan@city.nishitokyo.lg.jp)

  月日 曜日 内容 講師
前半 (知識編) 1 9月17日 土曜日 【入校式】
オリエンテーション・自己紹介
公民館とは
地域プロジェクトの事例紹介
岩松 真紀
(明治大学非常勤講師)
中村 晋也
(ヤギサワベース代表)
2 10月1日 【子どもの現代的課題1】
ヤングケアラーについて学ぶ
田中 悠美子
(立教大学コミュニティ福祉学部助教)
3 10月15日 【子どもの現代的課題2】
地域の現状を知る。私たちにできる事は何か
石田 裕子
(放課後キッチン・ごろごろ代表、西東京わいわいネット事務局長)
4 11月5日 【若者が希望を持てる社会へ1】
ジェンダーと地域の視点から見る
若者の孤独や生きづらさについて
池田 和嘉子
(公益財団法人 日本女性学習財団)
5 11月26日 【若者が希望を持てる社会へ2】
地域から新しい価値の創造を考える(活動紹介)
市川 望美
(非営利型株式会社 Polaris取締役ファウンダー)
6 12月3日 【高齢者が安心して暮らせるまち】
高齢者を支える地域づくり
西東京市高齢者支援課 職員
後半 (実践編) 7 12月17日 【課外授業・現場見学】
地域の居場所や活動の現場を知る
中村晋也(ヤギサワベース)ほか
岩松 真紀(明治大学非常勤講師)
8 1月7日 【地域活動を企画する1】
グループ決め(2人以上)
活動計画書作成のためのグループワーク
岩松 真紀(明治大学非常勤講師)
9 1月21日 【地域活動を企画する2】
活動計画書作成のためのグループワーク
10 2月18日 【地域活動を企画する3】
活動計画書作成のためのグループワーク
11 3月4日 【地域活動を企画する4】
活動計画書作成のためのグループワーク
発表準備
12 3月11日 グループ発表、修了式

講師紹介

岩松 真紀(明治大学非常勤講師)
 専門は社会教育学、環境教育学。学位論文は、「戦後農山村地域における健康学習運動の成果と可能性―長野 県松川町の事例を中心に―」であり、住民の主体的な学習に注目した。住民の主体的な学習・活動という共通性 から、健康にかかわる学習以外にも、公害教育、こども食堂、九条俳句訴訟などに研究の関心がある。東村山市 公民館運営審議会委員。

中村 晋也(ヤギサワベース 代表・柳盛会柳沢北口商店街 庶務)

 多摩美術大学芸術学科卒業後。2002年に神楽坂に有限会社NKグラフィコを設立。雑誌やカタログ・パンフレットなどの制作を行う一方で、新たな活動の場として、住処のある西東京市に駄菓子屋併設型デザイン事務所『ヤギサワベース』を2016年4月にオープン。地域に根ざした新しい形のデザイン事務所を模索しつつ、現在に至る。オープンと同時に商店街にも加盟し、現在は同商店街の庶務をしている。

田中 悠美子 (立教大学コミュニティ福祉学部助教、一般社団法人ケアラーワークス代表理事、一般社団法人日本ケアラー連盟理事)
 2009年、「若年認知症ねりまの会MARINE」の立ち上げに参画。若年認知症の親と向き合う子ども世代のつどい「まりねっこ」の運営、ポータルサイトの開発を行う。2022年2月より一般社団法人ケアラーワークスを立ち上げ、子ども・若者ケアラー支援に向けた活動を展開。社会福祉士、介護福祉士、社会福祉学博士。

石田 裕子(放課後キッチン・ごろごろ代表、西東京わいわいネット事務局長)
 子どもの権利条約を学び、市の子どもの権利条例策定委員を経験。知的障がいがありながら、四年制大学を卒業した長男と、昆虫が大好きで理系の次男、ソフトボールのキャッチャーでピアノを愛する長女を育てあげる。現在は、夫、義母の三人家族。市内の子ども食堂2箇所の役員。インターネットニュースサイトの市民ライター。

池田 和嘉子 (公益財団法人日本女性学習財団学習事業課長)
 大学院で、成人教育・生涯学習論を専攻。特に、おとなの女性の学びの支援に関心をもつ。大学院修了後、国立女性教育会館客員研究員などを経て、2008年より日本女性学習財団に勤務。2021年より現職。現在は主に、女性の生涯にわたる学びとキャリア形成にかかわる講座企画・運営や、男女共同参画にかかわる情報誌の作成に携わっている。

市川 望美(非営利型株式会社Polaris 取締役ファウンダー/Chief Story Officer)
 短大卒業後IT系企業入社、出産を機に退職。子育て支援NPOを経て、2010年末に 内閣府地域社会雇用創造事業で採択され、Polaris設立。地域における多様な働 き方を支える基盤づくりや地域からの新しい価値創造に取り組む。研究者としても立教大学社会デザイン研究所に所属し、ライフストーリー研究やコミュニティ 研究を行っている。

チラシダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader(新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、公民館が担当しています。

柳沢公民館 〒202-0022 西東京市柳沢一丁目15番1号

電話:042-464-8211

ファクス:042-464-8212

お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで