このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

【高次脳機能障害支援普及事業】 高次脳機能障害を知る

ページ番号 978-433-303

最終更新日 2020年1月27日

高次脳機能障害をご存知ですか?

交通事故や脳血管障害で脳に損傷を受けた後、運動機能は回復しても今までの生活がうまくできなくなってしまうことがあります。「新しいことが覚えられない」「気が散って集中できない」「すぐ怒りだす」「よく知っている場所で迷子になる」「計画が立てられない」など、このような症状がある場合、それは「高次脳機能障害」によるものかもしれません。
病院から退院し自宅に戻ってから生活に困難をきたすことが多いことや、見た目に分かりにくいことから「見えない障害」と言われます。

日時 

令和2年2月8日(土曜日) 午後1時30分から3時

場所

障害者総合支援センター フレンドリー 3階 多目的室
住所:西東京市田無町四丁目17番14号
西武新宿線田無駅北口から徒歩7分 

講師

新藤 直子 氏
独立行政法人国立病院機構 東京病院リハビリテーション科医師

定員

60人
参加無料 チラシ裏面にある申込書に必要事項をご記入の上、ファクスにてお送りください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは、障害福祉課が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号
電話:042-438-4033 ファクス:042-423-4321
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

学ぶ・考える(研修・相談会含む)

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ