このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

保育所利用の自粛について

ページ番号 675-798-907

最終更新日 2021年9月11日

東京都及び西東京市内における新型コロナウイルスの感染拡大の傾向は治まりつつありますが、依然として感染状況は高い水準にあることや、令和3年7月の緊急事態宣言以降10歳未満の陽性者の割合が拡大傾向にあることから、ご家庭での保育が可能な方については、保育所利用の自粛にご協力をお願いいたします。
ご協力いただけるご家庭のうち、0歳児クラスから2歳児クラスのご家庭については自粛する日数に応じて市の方で保育料を減免いたします。
また、ご協力いただけるご家庭のうち、3歳児クラスから5歳児クラスのご家庭については、給食費減免の取扱いが保育園により異なりますので、各保育園の対応をご確認ください。

保育所利用の自粛の要請期間

9月13日(月曜日)から緊急事態宣言の期限である9月30日(木曜日)まで。
保育所利用の自粛にご協力いただけるご家庭は、9月13日(月曜日)までに所定の様式にて、在園している保育施設までお申し出ください。書面の提出が間に合わない場合につきましては、口頭、お電話でも構いませんので取り急ぎお申し出いただき、後日書面の提出を各保育施設にお願いいたします。
この利用自粛申出がないと、減免の取扱いとなりませんのでご注意ください。

減免した保育料の取扱い

登園日数の確認後、減免した保育料につきましては、11月以降の保育料に充当する予定です。9月分の保育料は通常通り9月末に口座から引き落としになりますので、ご了承ください。
小規模保育事業・事業所内保育事業については、精算方法が異なる場合がございますので、各施設にご確認ください。

保育所利用の自粛期間の特例について

休所期間(欠席)について

通常、休所期間は2か月以内としておりますが、今回の緊急事態宣言延長に係る休所につきましては、2か月を超える場合も弾力的に対応します。

育児休業からの復職期間について

通常、令和3年9月入所者の育児休業からの復職期間は通常は9月末日としておりますが、今回の緊急事態宣言延長に係る保育所利用の自粛にご協力いただいたご家庭については、10月末まで復職期間の延長対応をいたします。

求職中の就労開始までの期間について

通常、求職中の方には3か月以内の就労開始をお願いしておりますが、今回の緊急事態宣言延長に係る保育書類用の自粛にご協力いただいたご家庭については、保育所利用の自粛期間を、就労開始までの期間に含めない対応をいたします。

お問い合わせ

このページは、保育課が担当しています。
市役所田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9842 ファクス:042-420-2892
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

保育課からのお知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ