本文ここから

みんなでチャレンジ!しぜん体験隊!に行ってきました

ページ番号 331-908-684

最終更新日 2022年8月9日

事前オリエンテーション

令和4年7月26日(火曜日)に、南町スポーツ・文化交流センター「きらっと」でオリエンテーションを行いました。
本番当日についての基本的なことや留意点の説明、一緒に行動をする班のメンバーとの顔合わせも行いました。
班ごとでの話し合いの時間では、緊張していた子どもたちも徐々にリラックスし、お互いに意見を出し合いました。
本番へ期待に胸をふくらませ、オリエンテーションは1時間半ほどで終了となりました。

実施当日

午前:高尾の森自然学校

令和4年8月1日(月曜日)に、「みんなでチャレンジ!しぜん体験隊!」を実施しました。
貸し切りバスで西東京市を出発し、午前10時頃「高尾の森自然学校」へ到着。
ここは緑豊かな自然に囲まれ、のんびり散策をするにはうってつけの場所です。
子どもたちは班ごとに分かれ、自然散策や宝探し、指令書に従ってクリアを目指すレクリエーション、午後に行うクラフト体験の材料集めなど、自然の中でたくさんの活動をしました。
「この葉っぱ私の顔より大きい!」、「沢の源流なんて、初めて見た!」と、目をキラキラさせながら自然とふれあう子どもたち。
参加者全員に配られたバードコール(鳥の鳴き声に似た音を出す道具)で、鳥との会話を試みる姿もありました。
時折吹く風が気持ちよく、夏の暑さも忘れ夢中で遊び回り、自然学校にいる時間があっという間に過ぎました。

午後:高尾の森わくわくビレッジ

各班で午後の活動について、作戦タイムをしました。
午前中の活動を終え、すっかり仲良くなった子どもたちは、やりたいことが違う意見も、話し合いながら決めていくことができ、楽しい活動の作戦を立てていました。
そしていよいよ、午後の活動の始まりです!
作戦1:クラフト体験
紙ねんどと自分が選んだ小枝や落ち葉などを使って、フォトスタンドや動物の置き物を作ったり、石に自由に絵を描いてストーンアートをしたりしました。
作戦2:原っぱ遊び
追いかけっこや「ツリーハウス」と呼ばれるすべり台付きの大きな木製遊具などで、仲良くなった班のお友だちと思いっきり走り回り、賑やかに遊びました。
作戦3:体育館でのボール遊び
ボールを手にした子どもたちが、気付けばドッジボールを始めています。それを見た別の班の子どもたちも「一緒にやりたい!」と仲間に入れてもらい、みんなで楽しく遊ぶことが出来ました。
こうして子どもたちの立てた作戦は見事楽しく遂行され、「もっと遊びたい!」という声が多く上がりました。
1日という短い時間でしたが、たくさんの思い出を持ち帰ることが出来たことと思います。

お問い合わせ

このページは、児童青少年課が担当しています。

市役所田無第二庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号

電話:042-460-9843

ファクス:042-420-2892

お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

児童館キャンプについて