このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

孫を騙った現金手交型詐欺が多発しています!!

ページ番号 642-763-447

最終更新日 2018年6月8日

実際の手口について

 自宅の固定電話機に孫の名前を騙る犯人から連絡があり「カバンとファイルをなくした。カバンは見つかったけれど、ファイルが見つからない。ファイルの中には、大事な会社の小切手が入っていた。どうにかしてお金を用意してくれないか。」と言われ、被害者は気が動転してしまい「準備するけれど、いくら必要なの。」と答えた。犯人は「800万円用意して。」と言われ、再三にわたり犯人から連絡があり「渡すときにお金だと分からないように。」とお願いをされて、被害者は金融機関から引き出した現金800万円を封筒に入れて、チラシで包み、ガムテープで留め、紙袋に入れて紙袋の縁をガムテープで留めた。その紙袋をリュックサックに入れて、犯人から指定された場所に赴き、紙袋に入っている現金を手渡したもの。

被害にあわないための防犯対策

ご家族の連絡先を知っていますか?今回の被害の場合、会話の内容が事実なのかを確認しなければなりません。
直ぐに家族、親族などに確認の連絡が出来るようにするため、緊急時の連絡先として、本人の携帯電話番号や勤務先の電話番号、友人の連絡先などを把握しておき、いつでも確実に連絡が取れるようにしておきましょう。
電話がつながらない、連絡先がわからないなどで、連絡が取れない場合は、すぐに最寄りの警察に相談してください。

お問い合わせ

このページは、危機管理室が担当しています。
市役所保谷庁舎 〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号 防災センター5階
電話:042-438-4010 ファクス:042-438-2820
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ