本文ここから

エコプラザ西東京 クールチョイス推進事業 緑のカーテン2021

ページ番号 589-226-320

最終更新日 2021年11月16日

クールチョイス宣言都市 西東京市

世界的な気候危機から脱するために、西東京市では国際社会の一員として「脱炭素社会」を目指して、市民の皆様と様々な取り組みを実施します。

クールチョイスとは?

SDGsとは?

ゴーヤの緑のカーテン 市民テストモニター2021

「緑のカーテン効果 市民テストモニター募集」にはたくさんの市民の皆様にご応募頂きました。皆様には熱心にお取り組み頂き、市内に緑のカーテンを広めるモニターとしてご活躍頂きました。ありがとうございました。
頂いた写真と感想をご紹介します。


生育日記を送ってくださったモニターの方もいらっしゃいます。


東伏見I様

モニター
東町T様


収穫したゴーヤのお料理写真も送ってくださいました。

やってよかった理由:

  • 日除けになり直射日光が入ってこないのでよかった
  • どんどん伸びて行くのが暑さを緩和してくれて楽しかった。
  • 目にも優しく、室温が下がって体にも優しい。
  • 真夏の暑い日にエアコンをあまり使わず、夜眠るときに29℃~30℃設定で過ごせました。また、ゴーヤの収穫が楽しみでした。
  • 夏場の直射日光の遮蔽効果が高く、エアコンの使用時間の削減がはかれる。
  • 玄関先の飾り

よくなかった理由

  • すぐに枯れてしまい、写真を撮影することすらできなかった。

感想

  • 育て方がわからなかったので水だけでしたが室外機の上へ伸びて行く元気さがよく、また、肥料をやったりして網等も置いてみたいと思いました。
  • ゴーヤの緑のカーテンは、目にも優しく、室温が下がって体にも優しい。おまけに地球温暖化防止になるなどいいとこどりですね。
  • 以前から、緑のカーテンには興味はあったのですが、ネット張りや苗を植えるのが面倒だと思い、行っていませんでした。今回ゴーヤの苗を配すると知らされチャンレンジしてみました。ネットと土をホームセンターで調達し、土の袋の底に穴を複数開け、ネット張りも簡単でした。ゴーヤが思った以上に収穫でき、楽しく、また、とっても美味しく頂きました。
  • 植え込みが6月末で遅かったのですが、ぐんぐん成長してくれました。ひと月半ほどで立派なグリーンカーテンになり、猛暑続きの西陽を遮るのに十分でした。毎日水やりしながら時々カマキリやバッタに遭遇するのも楽しかったです。収穫量は20センチ位のゴーヤが10数本と多くはないですが近所にもおすそ分けできました。熟したゴーヤから種が取れたので来年は種から育ててみたいと思います。
  • ようやく経験する機会ができて嬉しい。
  • 例年1Fのプランタで育てていたが夜盗まれてばかり、今年は3Fに植えたが黄色くなって落ちてしまった。
  • 私の家は、西日がとても強いため、例年すだれや既製品の日除けを設置して室内の温度上昇を抑えていました。
  • この度は素敵な企画に参加させて頂きありがとうございました(^^)無事グリーンカーテンに育ちました!!
  • 我が家では西洋アサガオ(ケープタウンブルー)を毎年緑のカーテンとして利用しています。 また、環境フェスタ等でいただいたゴーヤの苗も一緒に這わせていました。 ケープタウンブルーは宿根のアサガオで種が出来ず越冬します。我が家では路地植えしているため、何もしなくても春になると芽が出てきて弦が伸びます。5月後半に2階のバルコニーまでネットを張ると、あっという間に成長します。今年は、本モニターのゴーヤの苗も一緒に路地植えしました。残念ながら1つの苗は成長できず枯れましたが、3つの苗が成長し、ケープタウンブルーと一体となって緑のカーテンを作っています。 アサガオの方は青い花をたくさんつけ、ゴーヤは現在まで10本以上の実を付けました。(まだ小さな実がいくつか出来ています・・・) 肥料が十分でない(ほぼほったらかしです)為、ゴーヤの方は約20センチで熟してきますので、収穫して主にチャンプルーにして食しています。 緑のカーテンに関しては、夏の直射日光を遮ってくれるため、窓ガラスに日差しが当たらず、部屋の温度上昇を抑えてくれる効果が高いです。 また、単なる無機物ではなく、葉や茎に水分を蓄えているため、冷却効果も高いと思われます。 総じて1階のエアコン使用時間を短く抑えられて、電気代も節約になりました。
  • 今年も、節電の夏と言われていたので初めてゴーヤのグリーンカーテンに挑戦してみました。 1株に実は1-2個ついていますが・・・小さいです。 長さ5センチしかならず、ゴーヤのグリーンカーテン、失敗しました。(T.T) 初めてだったので、滴芯のことを知らず、その後も育たず、茂らないし、きみどり色の葉っぱでかわいそうな結果でした。

エコプラザ西東京 緑のカーテン2021

エコプラザ西東京では地球温暖化対策として毎夏緑のカーテンを実施しています。今年も琉球アサガオの緑のカーテンを設置しました。濃い緑の葉と美しい水色の花が壁面を覆い環境にも目にも優しいカーテンが完成しました。

エコプラザ西東京ではプラスチック製のネットは使用せず、環境に優しい荷造り用の麻ひもをネットとして使用します。枯れた茎や葉と共に土に帰る素材です。

緑のカーテンとは

ゴーヤ、へちま、アサガオなどのツル性植物を建物の窓の外や壁面を覆うように育てて日差しを和らげ、室温の上昇を軽減する「地球にやさしい自然のカーテン」のことです。

緑のカーテンの効果

(1) 日差しを遮るので室内温度を抑制し、エアコンの設定温度を上げてエネルギーの使用を減らす省エネ効果があります。
(2) 植物は葉からでる水分を蒸発させることにより気化熱を奪って自らを暑さから守っています。この蒸散作用により、建物周辺に熱が蓄積されるのを防ぎ、エアコンの使用量を減らすことができます。
(3)植物は光合成を行うことで二酸化炭素を吸収し、酸素を放出します。緑のカーテンは酸素を多く含んだ空気を室内に運んでくれます。
(4)葉、茎を通して差し込む柔らかな光、きれいな花には癒しの効果があります。
(5)ゴーヤなどの野菜の緑のカーテンの場合、自分で育て収穫した野菜を食べるという喜びを味わうことができます。

緑のカーテンを育ててみよう

家庭でのゴーヤの緑のカーテンの育て方をご紹介します。楽しみながら始めましょう!Let's try!

緑のカーテン効果 市民テストモニター募集

今年の募集は終了しました。たくさんのご応募をありがとうございました。

ゴーヤの緑のカーテンを家庭で育ててくださる市民モニターを募集します。市民モニターの皆様にはゴーヤの苗1組(4苗)を配布します。

対象・条件

市内の建物において、緑のカーテンを作って省エネルギーに取り組み、期間内に写真送付とアンケートにご協力頂ける人。SNSや口コミで積極的に緑のカーテンを普及して頂ける人。個人、団体は問いません。

苗の配付方法

抽選30セット(1セット=ゴーヤ苗4本)
育成に必要なプランター、肥料、ネットなどは各自ご用意ください。

苗の配付日時

6月18日(金曜日)午前9時から午後3時まで
6月19日(土曜日)午前9時から午後3時まで
6月20日(日曜日)午前9時から午後3時まで

苗の配布場所

エコプラザ西東京
場所はこちら

申込方法

Eメールで受け付けます。
必要事項をご記入のうえ、下記アドレスまで送信してください。
ecoplaza@city.nishitokyo.lg.jp

必要事項
件名:緑のカーテン
1.氏名
2.住所
3.電話番号
4. 年齢
5.メールアドレス

申込期間等

公表日から2021年6月9日午後10時00分まで

※申込み締め切り後に順次エコプラザよりメールでご連絡します。メールの受信制限をされている場合はecoplaza@city.nishitokyo.lg.jpからメールを受信できるようにしてください。
※応募者数が30セットを超えた場合は2021年6月10日午前11時に抽選を実施します。結果につきましては当選された方にのみ6月14日(月曜日)午後3時までにメールでご連絡します。なお、抽選は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、エコプラザ西東京の事務局員にて実施させていただきますのでご理解とご協力をお願いいたします。

自慢の緑のカーテンの投稿をお待ちしています

ご自宅や勤務先で育てている緑のカーテンの写真や感想の投稿をして市内の緑のカーテンの輪を広げましょう!
採れた野菜の料理のレシピや写真、咲いたお花の押し花など、緑のカーテンの楽しみ方の投稿も大歓迎です。
共通ハッシュタグ #西東京緑のカーテン をつけて投稿をお願いします。

エコプラザ西東京の緑のカーテンの成長の様子も公式SNSに投稿していきます。

募集に関するお問い合せ

エコプラザ西東京
受付時間 午前9時から午後5時まで 毎月第3月曜日休館
電話:  042-421-8585
ファクス:042-421-8586
Eメール:ecoplaza@city.nishitokyo.lg.jp

お問い合わせ

このページは、環境保全課が担当しています。

エコプラザ西東京 〒202-0011 西東京市泉町三丁目12番35号

電話:042-438-4042

ファクス:042-438-1762

お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで