このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

環境クイズ(Q34 酸性雨)

ページ番号 905-602-971

最終更新日 2011年8月31日

Q34 酸性雨は何を調べるとわかりますか。

  1. pHぴーえっち ぺーはー
  2. ppmぴーぴーえむ
  3. PHSぴーえっちえす

画像:Q34 酸性雨は何を調べるとわかりますか。

答え

pHぴーえっち
(解説)pHは酸性・アルカリ性の指標で、水中の水素イオン濃度を示します。中性はpH7で、7より値が小さいと酸性、7より値が大きいときにアルカリ性といいます。pH5.6以下の雨を酸性雨とよびます。雨の中に、工場や自動車などから排出された二酸化硫黄(SOx)や窒素酸化物(NOx)が溶け込むと、雨水が強い酸性を示すことがあります。ヨーロッパでは、強い酸性雨で森林の木が枯れたり、湖の魚が死んでしまったりする被害がでました。酸性雨の問題は国境を越えて拡がる問題なので、工場や自動車からでる排気ガスの規制を世界中で取り組んでいかなければなりません。ppmは全体を100万にした場合の濃度をあらわします。

画像:A34

関連リンク

お問い合わせ

このページは、環境保全課が担当しています。
エコプラザ西東京 〒202-0011 西東京市泉町三丁目12番35号
電話:042-438-4042 ファクス:042-438-1762
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

環境クイズ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ