このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年1月1日 市長コラム

ページ番号 293-182-606

最終更新日 2017年1月1日

『健康』応援都市の実現をめざして

 あけましておめでとうございます。
 市民の皆様におかれましては、穏やかな新春をお迎えのことと存じます。

 昨年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピックでは、日本代表として、西東京市民である宮川紗江選手(体操)、棟朝銀河選手(トランポリン)、そして本市にゆかりのある佐藤優香選手(トライアスロン)がそれぞれ好成績を収め、大きな感動と勇気を与えてくれました。
 2020年東京大会に向けては、この三選手をはじめ活躍が期待される多くの選手たちを市民の皆様とともに応援してまいりたいと思います。

 さて本年は、市の最上位計画である「第2次総合計画」によるまちづくりが、早いもので4年目を迎えます。
 本市ではこの間、「やさしさとふれあいの西東京に暮らし、まちを楽しむ」という総合計画の基本理念のもと、まちの発展と飛躍に向けて、子育て・教育環境の充実、市民の皆様の健康づくりの支援、災害に強く快適なまちづくり、地域資源の活用・地域産業の活性化などの重要課題に取り組んでまいりました。
 さらに昨年3月には、人口減少や超高齢社会の到来を見据えたうえで、今後のまちづくりの方向性を示す地方創生のための「西東京市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定いたしました。
 この戦略では、こころと体の健康という保健医療の分野だけにとどまらず、社会や経済、居住や教育という個人を取り巻く生活環境なども健康水準を向上させるための要素と捉え、『健康』応援都市の実現を基軸として位置づけ、市民の皆様の「まち」に対する満足度の向上につながる施策を展開していくこととしております。

 そして平成29年度は、第2次総合計画の後期基本計画の策定作業に着手し、これまでの成果や課題を振り返るとともに新たな行政需要を的確に把握し、後期5年間の計画に反映する重要な段階に入ってまいります。
 また、国史跡の指定を受けた下野谷遺跡につきましても、保存活用計画の策定作業を進め、地域の財産として守り・活かすための環境整備に取り組んでまいります。

 これからも元気と活気に満ちあふれた西東京市を目指し、まちの輝きを次世代につなぐまちづくりを進めてまいりますので、市民の皆様のより一層のご理解とご協力をお願いいたします。
 結びに、市民の皆様のご健勝とご多幸を心から祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
 
 西東京市長 丸山 浩一

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ